Strategy& は2014年にできた戦略コンサルティングファームです。古くから1世紀以上に渡ってコンサルティングファームとして名を馳せてきたブーズ・アンド・カンパニーとPwCが経営統合を行ったことにより創設されました。

ブーズ・アンド・カンパニー時代の幅広く深い知見や経験とPwCのネットワークを融合した戦略コンサルティングファームとして、少数精鋭にてサービスを提供しています。

採用はPwC経由で行われる形で、現在の従業員数は50人程度です。Up or Outの文化がよく根付いている組織となっています。

Strategy& の年収や採用されるための条件を整理しました。

Strategy& の年収は成果が出せれば高くなる

Strategy& は戦略コンサルティングファームらしく実力主義の年俸制を採っています。年収は公開されていませんが、独自に調査した結果予想される目安金額を下記に記載します。

■アソシエイト:500~700万円程度
■シニアアソシエイト:600~900万円程度
■マネージャー:800~1200万円程度
■シニアマネージャー:1100~1400万円程度
■ディレクター:1300~1600万円程度
■パートナー:1500~2000万円程度

上記は年間賞与が含まれた目安金額です。実際の金額は個人の実力によって異なるので、同じランクでも給与に差がある場合があります。総じて年収は高いと言えるでしょう。

なお、多くの外資系コンサルティングファーム同様に福利厚生はあまり整っていません。給与に含まれると考えた方が良いでしょう。

Strategy& の主な事業内容

Strategy& はその組織名の通り、戦略コンサルティングファームとして多くのクライアントにサービスを提供しています。

具体的なサービス内容としては、全社事業戦略、カスタマー戦略、ファイナンス戦略、組織戦略、技術・イノベーション戦略といった内容が挙げられます。

サービスを提供する事業領域としては、自動車、産業機械、医薬・医療、エネルギー、化学、情報通信といった幅広い領域が挙げられます。PwCのネットワークを利用できることもあり、クライアント業種は非常に多岐にわたります。

創設からまだ年数が浅いので、会社を成長させながら自分の能力も磨き成長したいという方に向いている企業と言えます。近年は特に技術・イノベーション戦略や働き方改革に関連した組織戦略なども引き合いがあるので、専門分野をすでに持っている方は即戦力として活躍できるでしょう。

Strategy&は激務

Strategy&は他の多くの外資系コンサルティングファームと同様に激務です。大体平均で一日あたり14時間程度は働くようです。

納期が短い案件や複雑かつ高度な解が求められる案件が多いので、成果を出すべく長時間労働になることは避けられません。加えてStrategy&はUp or Outが定着している組織であることを対外的にも公言しているので、能力がない場合は組織に残ることが難しいと予想されます。入社してすぐに裁量のある難しい案件を担当させてもらえるので、挑戦することやハードな環境で鍛えることを求める場合はとても合っているでしょう。

社内研修などは入社時に多少ありますが、圧倒的な現場主義になるので実際のプロジェクト経験を通して学んでいくことになります。少数精鋭の優秀な社員と切磋琢磨をしながら成長できる環境と言えます。

なお、Strategy&はPwCのネットワークを活用できる組織なので、戦略コンサルティングに留まらず、派生した監査や税務などのサービスも併せて提供することができます。グループ全体で価値を提供できるという意味で付加価値の高い仕事ができると言えるでしょう。

Strategy& で必要とされるスキル

Strategy&では、他の多くのコンサルティングファームで求められるロジカルシンキング、ドキュメンテーションや関係者とのリレーション構築能力、体力や精神力の強さといったものに加え、個性が見える尖ったものを持つことが求められています。

戦略コンサルティングの場合はクライアントに対してエッジの効いた提案や意見などが求められる場面が多いので、適性を図るために面接ではパーソナリティーを把握できるような質問もされているようです。

歓迎される経験としては、近年急激に案件が増えている技術・イノベーションに関する知見や、戦略コンサルティングの経験、経営企画など企業経営に関わる業務での経験などが挙げられます。案件としては日本に留まらず海外の案件もあるので、英語などの外国語が使えることも必要です。

なお、Strategy&はボストンコンサルティングなどの外資系戦略コンサルティングファームに比べ知名度が低く、滑り止めで転職先に選ばれる場合を想定しているため、志望者には「なぜStrategy&に入りたいのか」を強く確認する傾向があります。明確な理由を答えられるように準備しておく必要があります。

Strategy& への転職に向いている人

以上を踏まると、Strategy&への転職に向いている人は主に下記3つの要素を持つと言えるでしょう。

  • 会社の成長を目指しながら自己成長を実現する意欲が高い人
  • 過去に戦略コンサルティングや経営企画などの業務経験がある人
  • Up or Outの環境で自分の力を試したい人

Strategy&は狭き門ですが、入社できれば多様なプロジェクトを通して短期間で成長できると言えます。

ビズリーチにレジュメを登録しておくと案件を持つヘッドハンターから紹介してもらえることがあるようです。

高年収を狙いながらスキルアップしたい方には合う環境でしょう。

bizreach-highclass1

[email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています