トヨタ自動車は、日本だけでなく世界に名を馳せている巨大自動車メーカー企業です。

企業名だけでなく、「かんばん方式」と呼ばれる生産管理方式も有名で、グローバルレベルでナレッジが紹介されることも多々あります。トヨタでの2017年の世界販売台数は約1038万台で世界3位を記録しています。連結では364,445人の従業員が在籍しており、雇用の創出や維持にも貢献している企業です。

トヨタ自動車のブランド力や規模から考えると年収もすごく高そうですが、実際はどうなのでしょうか。今回はトヨタ自動車の気になる年収や、転職できる人の主な特徴を整理しました。

トヨタ自動車は役職が付けばかなりの高年収を得られる

トヨタグループ全体の2017年3月期における平均年収は、約850万円です。

トヨタ自動車としての年収は残念ながら公開されていませんが、年代別にはどの程度もらえるのかを独自に調査しました。

  • 新卒~20代:500~650万円程度
  • 30代前半:600~750万円程度
  • 30代後半:690~850万円程度
  • 40代前半:780~1200万円程度
  • 40代後半:1400~1800万円程度

上記の金額は目安であり、実際の支給金額は各個人の評価結果に依存します。役職がついているかどうかも給与金額の差に大きな影響を与えます。なお、賞与は別に支払われます。同業他社と比べても給与はかなりの高水準と言えます。

トヨタ自動車では研修や昇進がある程度横並びで行われるため、若手や中堅の頃は大きな差がつきにくい環境ではあります。ただし、成果を出せばボーナスに反映されるので、基本給与以外のところで頑張った分の報酬が上乗せされるでしょう。

また、総合職のみに限れば30代で1000万円を超えるという話もあります。

トヨタ自動車の主な事業内容

トヨタ自動車の主な事業内容は、名前の通り自動車の製造・販売全般になります。

創業以来受け継がれている「豊田綱領」の精神を大事にしており、世界に名を馳せる企業でありながらも日本国内の地域や文化、人材を尊重し、ダイバーシティにも重きを置いている企業です。

具体的な職種としては、大きくは事務系と技術系に分かれています。事務系は経営戦略策定やグローバル事業の舵取り、市場調査やマーケット開拓、グローバルサプライチェーンの構築などが業務の例です。技術系は、自動車の開発における先端研究や先行開発、量産開発や製造・品質管理など、自動車という製品が作られるまでの全ての過程で必要となる技術を生み出し、活用して製品にしていくのが使命です。

他に業務系という秘書業務などを担う業務もありますが、ほとんどが事務系と技術系の採用になります。

いずれの業種も過去に5年以上の関連業務経験が求められるので、未経験からの採用は難しい状況です。前職での経験を活かせるようなポジションがあるかを確認しましょう。

トヨタ自動車の残業時間や福利厚生の充実度について

トヨタ自動車は、従業員が働きやすい環境を整えることに力を注ぐ企業としても有名です。そのため、従業員の私生活の充実が実現できるように、残業時間もそこまで多くありません。

時期や役職で残業が多い場合でも、社員が適用を申請して会社が承認をすれば45時間分の残業代月17万円が一括支給されます。また、実際の残業時間が45時間を超える場合は残業代を追加支給することになっており、残業の上限時間は80時間と決まっています。

巨大企業かつ安定した収益を上げている企業だからこそできる取り組みと言えます。トヨタ自動車は、外部のコンサルティング会社もよく活用しており、社員が過重労働になるというよりは外部のコンサルタントに任せながら要所でのポイント判断を行うことも多いので、働き方としてはかなりホワイト企業です。

福利厚生については、選択型福利厚生制度「ウェルチョイス」を導入しており、従業員が必要としている福利厚生を自由に選択して恩恵を受けられるようになっています。健康づくりや財産形成、介護や育児などでさまざまなメニューがあり、ライフステージや志向で従業員の必要なものが用意されています。

トヨタ自動車で必要とされるスキル

トヨタ自動車は、ものづくりや技術革新を基盤として豊かな社会の実現を目指している企業なので、この理念に共感できることが前提となります。

そのうえで、事務系も技術系も共通して求められるスキルとしては、チームプレイができること、論理的な思考能力があること、そして語学です。中途の場合は、募集職種がHP上に掲載されていますが、具体的な職種によって必要スキルが異なります。

即戦力としての採用になるので、募集職種に関わる業務経験が5年以上あることが条件になります。転職エージェントを通した採用でも、募集職種に関わる業務経験はやはり求められるので、まずは空きポジションと必要スキルをしっかり確認してみてください。

トヨタ自動車への転職に向いている人

以上の内容を踏まえると、トヨタ自動車への転職に向いているのは以下の3点の要素を持ち合わせている人と言えます。

  • トヨタ自動車で働くことを通じて社会貢献したいこと
  • 安定した環境で長く腰を据えて働きたいこと
  • チームで団結して目標を達成できること

トヨタ自動車はかなりのホワイト企業でもあり、社会的な知名度も高いため転職先としても人気です。入念に準備の上臨んでください。

LINE@で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています