UBSはスイスのチューリッヒに本拠地のある世界最大級の金融グループです。

日本においてはUBS証券株式会社、UBS銀行東京支店、UBSアセット・マネジメント株式会社の3法人を通じて、法人・機関投資家および富裕層の個人に向けて金融商品やサービスを提供している企業です。その中でもUBS証券は投資銀行部門として証券業務や資産運用業務を行っています。

日本ではここ最近欧州系金融機関の業務拡大が活発に行われており、UBSも優秀な人材を獲得するべく国内大手証券会社などから人材を採用している傾向があります。

UBSの気になる年収や中途採用時の特徴について整理しました。

UBSの年収はかなりの高さ

UBS証券は外資系企業らしく年俸制を採っています。年収は公開されていませんが、独自に調査した結果予想される目安金額を下記に記載します。なお、下記の金額はUBS証券のものですが、銀行やアセット・マネジメントでも大きくは変わらないので参考としてみてください。

タイトル 年収
ジュニアスタッフ 600~1000万円程度
スタッフ 800~1200万円程度
シニアスタッフ 1000~1500万円程度
マネージャー 1400~2000万円程度
シニアマネージャー 1800~2500万円程度
パートナー 3000万円以上

上記は年間賞与が含まれた目安金額です。実際の支給金額は個人の実力によって異なるので、同じランクでも給与にかなり差が出る場合があります。

新卒でも600万以上が支給されており、かなりの高給と言えます。当然のことながら給与に見合うパフォーマンスが求められます。

bizreach-1

UBS の主な事業内容

日本においては、UBSは証券、銀行、アセット・マネジメントの三法人にてサービスを提供していますが、事業としてはウェルス・マネジメント、インベストメント・バンク、アセット・マネジメントの三種類があります。これらのうちの業務の多くを主にUBS証券が担っています。特にインベストメント・バンクについては、投資銀行業務、株式業務、債券業務、外国為替といった業務があり、UBS証券が中心となってサービスを提供しています。

UBSとしては、三種類の事業部門のシナジー効果を重視しており連携した業務が多く実施されます。個の能力が高いことはもちろん求められますが、一匹狼ではなくチームでのアウトプットを重視するので、円滑な人間関係を育める能力やチームワークを重視する姿勢も必要となります。

なお、ここ数年は富裕層の個人向けにウェルス・マネジメントを中核ビジネスに置いており、投資銀行業務など他の金融業からウェルス・マネジメントへ興味を持つ人も増えているようです。ウェルス・マネジメントを中核に置いているのはUBSしか現状ないため、この分野に興味を持つ場合は積極的に受けてみた方が良いでしょう。

UBSは投資銀行業務を中心に激務

他の外資系金融と同様に、UBSも激務です。中には深夜に帰宅後、朝5時に起きて8時に出社するような人もいますが、大多数は13時間程度の勤務のようです。証券系であればマーケットの時刻に左右されることも多く、またチームでの業務が多くなるので、あまり自分の裁量だけで自由に勤務時間を決めることはできない場合が多いでしょう。一方、完全に実力主義の世界なので、アウトプットの質や能力が高ければ短時間でも仕事をこなしている人もおり、一概に言えません。

男女問わず高品質な仕事が要求されるので、必然的に業務量が多くなります。プライベートはある程度犠牲にする覚悟がなければ働き続けるのは難しいでしょう。女性でもバリバリとキャリアを積める環境なので、キャリアアップにはおすすめです。

UBS で必要とされるスキル

UBSは外資系金融機関かつ実力主義の企業であるという性質から、金融業に関する経験や知見、英語をはじめとした語学といった基本的なスキルだけでなく、ハイパフォーマンスを上げるためのチームワークを成せるコミュニケーション能力、リーダーシップや市場動向に対する冷静な分析力等も求められます。

UBSの特徴の一つとして、個人の裁量がとても広いことが挙げられます。クライアントへのアプローチや提案は基本的に個々の裁量に任されています。チームで動きながら個人個人の能力が高い環境なので、自ら進んで学び行動する姿勢は必須と言えます。

過去にすでに金融業に従事していた方だけでなく、コンサルティング会社や経営企画といった類似の能力が必要となる業界・業種からの転職者が多いので、それらの経験がある方には比較的チャレンジしやすいでしょう。

UBS への転職に向いている人

上記を踏まえると、UBSへの転職に向いているのは下記3つの要素を持ち合わせている人と言えます。

  • 成果を出すために自己研さんやチャレンジを厭わないこと
  • 過去に金融業での経験がある、または同分野の知見を持っていること
  • 裁量の広い仕事を楽しんでキャリアアップに活かせること

UBSはネームバリューもありますし、入社すれば多くの有意義な経験ができる環境です。

転職でUBSなどのハイクラス企業を目指すなら

UBSへ転職を目指す方にオススメな転職サービスは以下です。
※時間に余裕があれば、複数登録して相性の良いエージェントと転職活動をしてください。

 ビズリーチJAC RecruitmentCAREERCARVERクライス&カンパニーType転職エージェントアクシスコンサルティング
コスト
求人の量
求人の質
提案力
サポート
人気度
公式サイト

1サービスに絞るのであれば、ハイクラス転職に強いビズリーチが良いでしょう。ハイクラス向けの案件を取り扱うエージェントにアプローチし、ポジションがあるか確認してみましょう。

bizreach-highclass1

[email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています