山田ビジネスコンサルティングは、税理士法人山田&パートナーズのグループ企業で中小企業を主要顧客としてコンサルティングサービスを展開する企業です。2018年4月には、山田ビジネスコンサルティングに加えてグループ会社が複数合併・統合し山田コンサルティンググループ株式会社と組織変更が行われる予定となっています。

設立は1981年で、創業者は公認会計士・税理士の山田淳一郎氏です。そのため、サービスとしても大企業よりは中小企業における事業再生やM&A、近年問題が頻発している事業承継に関するコンサルティング全般を中心に手掛けている状況です。

今回は山田ビジネスコンサルティングの年収や転職の際に必要な条件を整理しました。

山田ビジネスコンサルティングの年収は中途に厳しめ

山田ビジネスコンサルティングの年収は、新卒採用での給与金額幅は企業HPに記載がありますが、中途は実質記載がありません。独自に調査した結果をランク別に見ると以下のような推移になっています。

  • アシスタント:400~640万円程度
  • コンサルタント:550~700万円程度
  • シニアコンサルタント:600~800万円程度
  • マネージャー:700~1100万円程度
  • シニアマネージャー:900~1300万円程度
  • 役員クラス:1000万円以上

上記は賞与と見込残業40時間分を含んだ金額で、年俸制による支給になっています。
あくまで目安の金額であり、実際の支給金額は各個人の評価結果や採用時の経験や能力によって異なります。

山田ビジネスコンサルティングの年収は業界の標準的な金額と言えますが、日本国内上場企業と比較すれば高給と言えるでしょう。ただし、中途の場合は新卒と違って年代別に昇給していくわけではないので、採用時の能力評価でかなり厳しくみられるようです。とりわけ年収面は生活にも影響するので、転職エージェントも活用しながら有利に交渉することが必要です。

山田ビジネスコンサルティングの主な事業内容

山田ビジネスコンサルティングのサービスは、9分野に分かれていますが、主軸は中小企業向けの事業再生や事業承継、M&Aや持続的な事業の継続に向けたコンサルティングになっています。その他海外事業コンサルティング、医療機関向けのコンサルティング、人事・組織分野向けコンサルティング、企業再編その他問題解決全般についてもサービスを提供しています。

加えて近年はアジア市場のリサーチファームであるSPIREを買収して子会社化し、中小企業のアジア進出に向けたサポートを厚くしています。前職でアジア市場についての知見や経験があると有利に働くでしょう。

山田ビジネスコンサルティングの激務度や福利厚生について

山田ビジネスコンサルティングは、他のコンサルティングファームと同様に激務です。案件によっては残業時間が100時間以上になることもあります。有給休暇を消化できないままの社員も多く、休日出勤の代休を取得できずに買い取りになる場合もあるようです。プロジェクトによっては自由に休暇を取得している社員もいるので、すべては案件次第とも言えます。働き方に対する社員の意識は変革途上なので一概には言えませんが、この点はどのファームも大きな差はないでしょう。

なお、定時は朝9時から18時ですが、月曜日は朝礼があるので8時半に出社するそうです。また、月1回土曜日に研修があります。社員のスキルアップを重視する姿勢はありますが、拘束時間が長くなる可能性が高いので、入社前によく確認した方が良いでしょう。

山田ビジネスコンサルティングで必要とされるスキル

山田ビジネスコンサルティングでは、アジア市場への事業拡大や中小企業向けのサービス需要の増加に伴い、人材を増強するべく採用を強化しているところです。

必要とされる基本的スキルとしては、ロジカルシンキングやドキュメンテーション、リーダーシップや高いコミュニケーション能力といったものが挙げられますが、会計系のファームなので財務や税務に関する知見や経験があると良いでしょう。公認会計士や税理士の有資格者であれば待遇面が良くなる可能性があります。過去にコンサルタント経験があるかどうかは問われませんが、山田ビジネスコンサルティングが新卒採用を重視している以上、特筆できるスキルがある方の方が確実に採用可能性は高くなります。事業承継の経験やM&Aに関する経験がある場合も歓迎されるでしょう。

山田ビジネスコンサルティングへの転職に向いている人

以上の内容を踏まえると、山田ビジネスコンサルティングへの転職に向いているのは以下の3点の要素を持ち合わせている人と言えます。

  • 中小企業向けのサービスを提供したいこと
  • 公認会計士や税理士、または準ずる会計系や税務系の経験があること
  • 自ら成長しスキルアップに努められること

山田ビジネスコンサルティングは2018年4月以降にはより事業を拡大していく見込みなので、採用状況も注意して確認した方が良いでしょう。

[email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています