YCPジャパンは、2011年にゴールドマンサックス証券、P&G出身者らが中心となって設立した投資ファンド/ハンズオン型経営支援ファームです。主に中小企業や新興企業及びその投資家に対してリスクマネーの提供の提供や経営人材の派遣を行うことを通して、独自の経営プロフェッショナルファームとしての地位を固めています。

現在は事業拡大のフェーズに入っており、上海や香港、シンガポールやバンコクにオフィスを構え、日本企業のアジア進出に向けた支援などのグローバル展開も積極的に進めています。
YCPジャパンは中堅・中小企業のバリューアップを狙う若手経営者集団として、国籍に関わらず優秀な人材を求めており、2013年以降はアジア企業としての位置づけを明確にすべく企業ブランド「YCPグループ」に切り替えています。

YCPジャパンの中途採用における年収や主な採用条件を整理しました。

YCPジャパンの年収はやはり高め

YCPジャパンは非上場企業なので、公式の資料から給与を把握することは難しいのが現状です。ここでおおよその年収をランク別に整理してみました。正確な給与金額は個人の能力や評価結果に応じて変わります。

タイトル 年収
アソシエイト(新卒) 600~800万円程度
アソシエイト(中途) 700~1200万円程度
ディレクター 1200万円~1800万円程度
パートナー 1800万円以上

YCPジャパンはコンサルタントのランク分けがあまり細かくありませんが、たとえ同じランクでも能力や評価によって給与差が大きくなる場合があります。なお、上記の金額は賞与が含まれた金額になります。

外資系戦略ファームほどの高給ではありませんが、比較的給与は高めと言えます。

biz-fee

YCPジャパンの主な事業内容

YCPジャパンは、グループとして3つの事業を展開しています。経営・ファイナンス・マーケティングの3領域に関するアドバイザリーサービスを提供する「マネジメントサービス事業」と、中小・新興企業に対してリスクマネーを提供する「投資事業」、そしてクライアント及び投資先の海外展開を支える「海外展開支援事業」の3つになります。

設立メンバーが投資銀行やマーケティング、戦略コンサルティングファーム出身者であるため、中堅BtoC企業や将来性の高いWebサービス企業の案件を中心に手掛けてきた経緯があります。大手ファームの単価では手が出せないような案件にコミットすることで事業を拡大してきました。現在は日本企業のアジア展開の相談など「海外展開支援事業」の需要が増加しているので、世界展開を一緒に作っていけるような若手の経営人材を求めています。

特徴としてハンズオン形式の事業運営やファイナンス支援に加え、高度なマーケティング機能も備えており、大手のファームでは手を出しにくいような形での支援にフォーカスしています。

YCPジャパンの激務度や労働環境について

YCPジャパンも他のコンサルティングファームと同様に実力主義であるため、成果を出すべく長時間労働になることが多いです。クライアントに中小企業や新興企業が多い分、ワークライフバランスは考慮する余裕がない場合も多く、ある程度覚悟してから入社する方が良いでしょう。

オフィスは東京にありますが、プロジェクトによっては業務をクライアント先で行うことになるため、クライアント先の働き方に合わせながら働く必要が出てきます。単なるアドバイザーではなく、結果にコミットするため経営者と深い人間関係を構築しながら共に課題を解決していく姿勢が求められます。

働き方はプロジェクト単位のアサイン形式で、若手でも責任の重い仕事を多数任されます。アドバイザリー事業に留まらず、自らが望めば事業経営を並行して行うことができる環境にあります。

結果が求められる分業務はハードになりますが、コンサルティングやファイナンス、マーケティングのスキルをまとめて身につけられる環境があるので、将来経営者を志望する方には必要な力を身につけるには最適です。

YCPジャパンで要求されるスキル

ycp2

プロフェッショナルファームにおいて基本的なスキルセットを身につけている人材を求めています。例えば、ファイナンス系なら貸借対照表や損益計算書、キャッシュフロー計算の分析やM&Aの経験者を想定しています。

また、基本的なスキルセットを持ち合わせていることに加え、オーナーシップを持っていることがかなり重視されています。具体的には、自己成長、事業、業務へのオーナーシップを持っていることが必要とされています。

過去にコンサルティングファームや投資銀行での勤務経験がある方などは歓迎されるでしょう。

YCPジャパンへの転職に向いている人

以上を踏まえると、YCPジャパンへの転職に向いているのは、主に以下の三つの要素を持ち合わせている人材と言えます。

  • プロフェッショナルファームで身につけた基本的スキルセット
  • 強いリーダーシップやオーナーシップ
  • 自ら事業を立ち上げて経営者になりたいという思い

前職の経験をうまく活用しながら更なる成長や事業経営までを進めたい、日本の中小企業や新興企業の支援をしたいという方には合っている企業です。

YCPジャパンへの転職を検討している方がすべき1つのこと

ハイクラス求人を扱っている転職エージェントに登録してみてください。

その理由は下記3点です。

  • Webには出てこないYCPのリアルな情報が手に入る可能性がある
  • YCPおよびその他ファームの非公開求人を紹介してもらえる
  • 面接対策や年収アップ交渉支援により、効率的に転職活動ができる

YCPジャパンを目指す方へオススメな転職エージェント

YCPジャパンを目指す方にオススメな転職サービスは以下です。

 ビズリーチJAC RecruitmentCAREERCARVERクライス&カンパニーType転職エージェントアクシスコンサルティング
コスト
求人の量
求人の質
提案力
サポート
人気度
公式サイト

ビズリーチ

bizreach-long01

ビズリーチは、ハイクラス転職で業界No.1の企業です。

ヘッドハンティングプラットフォームとしてデファクトになりつつあります。

年収600万以上の方であれば、多忙で、少し受け身の転職姿勢になったとしても、ヘッドハンターたちがキャリアの幅を広げるサポートをしてくれます。
※ただし、レジュメだけはしっかり登録した方が良いです。

ヘッドハンターによる面接対応の対策やレジュメの添削など、企業とマッチングをした後のサポートも充実しています。ハイクラスを目指しており、転職支援をしっかり受けたい方にオススメです。

ビズリーチ公式サイトへ

JAC Recruitment

jacpic1

JACは、外資系企業や海外転職に強みをもつ転職エージェントです。外資系企業の位置付けになりますが、東証一部上場の転職エージェントに特化した企業となります。

特徴としては、アジアで最大級のネットワークを保持しているエージェントだけあり、海外への転職も含めて日系エージェントがあまり得意としていないポジションの提案を受けることが出来ます。

もちろん、日系ハイクラス企業の掲載も多くありますので、一度チェックしてみることをオススメします。

JAC Recruitmentの公式サイトへ

CAREERCARVER

careercarver01

リクルートのハイクラス転職サービスです。年収600万以上の方を対象に求人を紹介しています。

業界最大手のリクルートが求人の質にこだわり抜いたサイトになっています。ハイキャリアを目指す方にオススメです。

CAREERCARVER公式サイトへ

YCPジャパン含むキャリアアップを目指す全ての方へ

転職はタイミングが重要です。そして、自分の市場価値を認識することがキャリアアップへの近道です。キャリアおよび年収を上げるなら、求人が溢れ、空前の売り手市場である今がベストです。

自分にあった転職エージェントを確保して、しっかり利用していきましょう。YCPジャパンへ転職を目指す方は、まずは以下サイトに登録してみると良いと思います。

>>ビズリーチ公式サイトへ

bizreach-2

皆様の転職が成功することを願っています。

その他ハイクラス企業の情報を見る>>

[email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています