smbcsec

SMBC日興証券は、日本3大証券会社の一つで、三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)の傘下にある総合証券会社です。「銀証融合」を掲げた独自のビジネスモデルを展開し、リテール部門、投資銀行部門、セールス&トレーディング部門、リサーチ部門の4つが主軸事業として掲げられています。

SMBC日興証券は、他の証券会社よりも中途採用に対する門戸が狭く、基本的には新卒採用や第二新卒採用が中心になっています。企業HPには「経験者採用については人事部採用課までお問い合わせください。」と案内されているのみです。ただし、転職エージェントなどを通じた非公開求人がときどきあるので、簡単に諦めるのは早いでしょう。
今回は、SMBC日興証券の年収や中途採用の傾向を整理してみました。

”条件別” 当サイトで人気のエージェント

1.ランスタッド
 年収800万以上や外資系への転職に強い

2.Type転職エージェント
 ハイクラスを狙える総合転職エージェント

3.コンサルタントジョブ
 フリーコンサル案件に特化したエージェント

SMBC日興証券の年収は1000万以上も可能

SMBC日興証券における年収を独自のルートで調査してみました。SMBC日興証券では提供サービスごとで職種が複数あり、どの職種で中途採用されるかはタイミング等で変わるため、ここでは職種別の想定年収を記載することにします。

  • 営業職:500~900万円程度
  • コンサルタント職:600~1000万円程度
  • 投資運用職:800~1200万円程度
  • 経営企画職:900~1000万円程度
  • 商品企画職:1000~1200万円程度

上記はあくまで目安の金額で、実際の支給金額は各社員の能力や経験、評価結果に基づいて決まります。ご参考程度としてください。

SMBC日興証券の給与体系は、引っ越しを伴う転勤の有無で変わります。また、一定程度の勤務年数を経て役職がつくと年俸制に変わります。賞与については3年目から個人の成績に応じた配分になります。経験者採用の場合は確実に個人成績に左右されるでしょう。退職金は前払い制になっており、確定拠出年金で運用するか、給与としてもらうかを選択できることになっています。

どの職種でも1000万円前後の給与を目指すことは可能で、比較的高給を得られる企業と言えます。経験者採用の場合は即戦力が求められるので、ニーズに合うスキルセットを持っていることが重要です。

SMBC日興証券の主な事業内容

SMBC日興証券の主な事業内容は、個人及び法人における金融サービス全般になります。リテール事業には株式や債券、投資信託、ファンドラップ、年金・保険商品の提供があります。上場企業や金融機関向けのサービスとしては、インベストメントバンキング業務、セールス&トレーディング業務、リサーチ業務を通した高付加価値金融サービスを提供しています。加えて、非上場企業向けにもサービスを提供しており、相続や事業承継、株主対策や株式上場といった面でのサポートが可能になっています。「銀証融合」を掲げるだけあって、きめ細かいサービスが特徴です。

いずれの業務においても、過去に証券や銀行といった金融機関でのサービスに従事したことがある人材が求められると想定されます。基本的には自社内で人材を育成する傾向にあるので、必要な人材の枠に穴が空いた場合に補てんする、あるいは新サービスに必要な人材を外部調達するといった形での経験者採用がメインになるでしょう。

SMBC日興証券の福利厚生の充実具合

SMBC日興証券は、証券会社にしてはかなり福利厚生が充実しています。健康保険、厚生年金保険、介護保険、労災保険、雇用保険等はしっかり完備されています。金融機関らしく、職場積立NISAも用意されています。詳細は採用HPに掲載されているので一度ご確認ください。
働く女性向けの制度も充実しており、時短勤務や育児休暇も問題なく取ることができます。
無駄な残業は一切行わないように働きかけが盛んで、早帰りの日も用意されています。もし残業が必要なときにおける残業代は、管理職以下であれば支給されますが、管理職は年俸制なので支給されません。この点はご留意ください。

SMBC日興証券で必要とされるスキル

SMBC日興証券では、基本的に新卒採用と第二新卒採用での人材獲得を行い、自社内で育成するスタイルであるため、キャリア採用においては表立って求める人材像を記載していま円。ただし、どの職種でも即戦力となれる人材を求めていることに変わりはないため、証券や銀行の業務経験があり、かつ一定の成果を上げていることが最低条件になるでしょう。社内の人材にはない専門スキルで今後の金融業界で必要とされる知見があれば、さらに優遇されるでしょう。

その他、中途採用者向けには証券アナリストなどの資格取得を奨励しサポートする制度やMBA取得のための教育訓練制度等が用意されており、専門スキルの向上に前向きに取り組むことができる環境となっています。

SMBC日興証券への転職に向いている人

以上の内容を踏まえると、SMBC日興証券への転職に向いている人は以下のような要素を持ち合わせている人と言えるでしょう。

  • 過去に証券会社や銀行での業務に携わっていた人
  • 安定した環境で堅実に働きたい人
  • プロパー社員には無い魅力やスキルがある人

SMBC日興証券は、中途採用の情報が乏しく、積極的には中途採用を行っていないのが現状のようです。ただし、転職エージェント経由で募集している可能性はあるので、まずは求人の有無をチェックしてみてください。

SMBC日興証券への転職を検討している方がすべき1つのこと

ハイクラス求人を扱っている転職エージェントに登録してみてください。
その理由は下記3点です。

  • Webには出てこないSMBC日興証券のリアルな情報が手に入る可能性がある
  • SMBC日興証券およびその他企業の非公開求人を紹介してもらえる
  • 面接対策や年収アップ交渉をしてもらえるため、効率的に転職活動ができる

    SMBC日興証券への転職を目指す方へのおすすめエージェント

    SMBC日興証券を目指す方にオススメな転職エージェントは以下です。

    転職エージェント登録すべき人
    ランスタッド高年収を目指す、すべての方
    Type転職エージェント年収800万以下のすべての方
    アクシスコンサルティングコンサルタント転職を目指す、すべての方

    ランスタッド

    ランスタッド

    ランスタッドは、オランダで1960年に創業された世界最大級の総合人材サービス企業。39の国と地域で活動し、日本には93の拠点があります。

    年収1000万以上を目指すプロフェッショナル向けサービスを提供しています。

    世界規模の企業であるため、外資系やグローバル企業への転職支援実績も多数あり、下記の3つのメリットがあります。

    • 市場動向を把握した専任コンサルタントによるマンツーマンサポート
    • 全体の約80%が非公開求人
    • キャリアアップからワークライフバランス重視まで幅広い提案を受けられる

    特にハイクラス企業を得意としており、戦略的なキャリア形成のサポートをしてくれます。転職に関する支援サービスはもちろん無料です。

     ランスタッド公式サイト:https://www.randstad.co.jp/professionals/

    Type転職エージェント

    @type

    Type転職エージェントは総合転職サイトで、年収400万から800万の転職支援を得意としています。

    エンジニア転職などにも力を入れているため、開発経験がある方にもオススメしたいエージェントです。

     Type転職エージェント公式サイト:https://type.career-agent.jp

    アクシスコンサルティング

    アクシスコンサルティング

    アクシスコンサルティングは、特にコンサル業界に強みを持ち、約5,000名の現役コンサルを含む約20,000名もの転職志望者の支援をした実績があります。

    その実績による信頼からコンサル業界と強いパイプがあり、下記の3つのメリットがあります。

    • 業界を熟知した質の高いサポート
    • 全体の77%が非公開求人
    • 平均支援期間は3年 中長期に渡る支援が受けられる

    信念として「生涯のキャリアパートナー」を掲げ、本人のキャリアプランから「今は転職する時期ではない」と判断すれば無理に転職を薦めないなど、視野の広いサポートが受けられるのも特徴です。

     アクシスコンサルティング公式サイト:https://www.axc.ne.jp

    SMBC日興証券を含むキャリアアップを目指す全ての方へ

    転職はタイミングが重要です。そして、自分の市場価値を認識することがキャリアアップへの近道です。キャリアおよび年収を上げるなら、売り手市場である今がベストです。

    ハイクラス転職に向けて、複数の転職エージェントに登録し比較しするのも転職可能性を高めるポイントです。自分の目的に合ったエージェントを確保し、しっかり活用していきましょう。

    皆様の転職が成功することを願っています。

    [email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

    記事が役に立ったら
    フォローをお願いします。

    ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

    Twitterも随時更新しています