フューチャーアーキテクトは「経営とITをデザインする」のキャッチフレーズで知られる独立系のコンサルティングファームで、ITを武器とした課題解決型のコンサルティングサービスを提供しています。

従業員数は795名で、多くの中小・中堅企業や大企業をクライアントとしています。経営・業務・システムの3つの複合的視点を持って課題解決に取り組み、クライアント企業の社外CIO的見地から経営改革における最適なソリューションを選択する点が特徴的です。

設立は1989年ですが、2016年4月にフューチャーグループのホールディングス化に伴ってグループ中核企業としての役割を担うようになりました。

今回はフューチャーアーキテクトの年収や中途採用時のポイントなどをまとめました。

フューチャーアーキテクトの年収は高いのか?

フューチャーアーキテクトのおおよその年収は下記のとおりです。実際の支給額は、年齢や経験、役職によって変わってきます。

【フューチャーアーキテクトの年収例】

  • アソシエイトコンサルタント:400~600万円程度
  • コンサルタント:450~650万円程度
  • シニアコンサルタント:500~700万円程度
  • マネージャー:600~900万円程度
  • エグゼクティブマネージャー:800~1000万円程度
  • ディレクター:900~1200万円程度
  • プリンシパル:1000~1400万円程度

給与水準は外資系コンサルティング会社よりは低いですが、国内のSI企業よりは高いので、比較的高水準と言えるでしょう。

会社の業績や評価結果に応じてボーナスも支給されます。給与形態は基本的には年功序列ですが、年俸制でランクに応じて報酬額が決まります。

なお、フューチャーアーキテクトにはキャリアパスとしてアーキテクトとエキスパートの2種類があり、どちらを選んでキャリアを積むかによっても支給額が変わります。

biz-fee

フューチャーアーキテクトの主な事業内容と三つの特徴

フューチャーアーキテクトは、設立後から次世代の先端技術を活用したシステム系のコンサルティング会社として、技術力の高さを武器に成長してきた企です。

よく似たITコンサルとしては、ベイカレントコンサルティングスカイライトコンサルティングがあります。

各業界のCIOへ次世代の経営システムに関する提言を行うほどの圧倒的な存在感を有しており、三位一体の改革(経営戦略・業務改革・システム改革)、中立のポジション、高品質・高スピードという三つの特徴を掲げています。

また、単なるITのコンサルティングではなくITを活かした経営の実現をするべく、プロジェクト実施の際は構想策定、システム計画から開発、運用・保守までの各フェーズをクライアントと一体となって行うのも特徴です。

開発フェーズでは、クライアントに最適なシステムインテグレーターやメーカーと共に機能を実装する形を取ることもあります。

最近の動向

フューチャーがベイカレを訴訟するというニュースが入ってきました。まだ、結果は出ていませんが、訴訟の詳細は以下からご確認ください。

フューチャーアーキテクト公式サイト

フューチャーアーキテクトの労働時間は長いのか?

システム導入プロジェクトが多いため長期プロジェクトがほとんどで、働き方はクライアント先への常駐がメインになります。そのため、働き方もクライアント先のルールに合わせることになります。

残業時間はプロジェクトやフェーズによって異なりますが、傾向としてはテストフェーズやシステム本稼働前は残業が多くなります。繁忙期はクライアントからの要望に応じて深夜残業や休日出勤が発生することあります。

ただし、プロジェクトが落ち着いた後やプロジェクト完了後に次の案件を担当するまでの間、長期休暇を取得することが可能です。メリハリをつけながら、忙しい時期は割り切って仕事に取り組むことが必要です。

フューチャーアーキテクト以外の年収及び職場環境情報を確認する>>

フューチャーアーキテクトで求められる人材

future02

フューチャーアーキテクトは経営とITをデザインするコンサルティング会社で、職種としてはアーキテクトとITコンサルタントの二つに分かれています。

職種問わず挙げられている必須スキルは以下の通りです。

  • 顧客に対する要件定義・システム設計・開発を担当した経験
  • オープン系システム設計・開発で利用されるプログラミング知識(ソースコードレビューができるレベル)
  • エンタープライズIT領域で選択されるテクノロジー、ソフトウェア、ハードウェア、サービスに対する基本知識

その他、過去の提案やプロジェクトにおいて創意工夫し、手段にとらわれず目的達成のアイデアを発信し、成し遂げた経験があると尚良いとされています。

面接ではなぜコンサルタントになりたいのか、コンサルタントになったら何を実現したいかを論理的かつ簡潔に説明できることが重要です。

フューチャーアーキテクトへの中途入社に向いている人

フューチャーアーキテクトへの中途入社には下記三つの要素を持つ方には向いているでしょう。

  • システム導入などのIT系バックグラウンドがある
  • 単なるシステム導入ではなく経営戦略や業務改革を含めた複合的視点を持てる
  • 論理的思考能力などコンサルティングに必要な基本的スキルを持っている

システムエンジニアの中でも、上流から下流までを一貫して担いながらクライアントに高い付加価値を提供したい方には合っている企業です。

IT経験がある方には、以下記事もキャリアアップに役立つと思います。

【ITで食べていく】転職・フリーランスの優良エージェント徹底比較

フューチャーアーキテクトへの転職を検討している方がすべきこと

ミドルクラス及びハイクラス求人を扱っている転職エージェントに登録してみてください。

その理由は下記3点です。

  • Webには出てこないフューチャーアーキテクトのリアルな情報が手に入る可能性がある
  • フューチャーアーキテクトおよびその他ファームの非公開求人を紹介してもらえる
  • 面接対策や年収アップ交渉をしてもらえるため、効率的に転職活動ができる

フューチャーアーキテクトを目指す方へオススメな転職エージェント

フューチャーアーキテクトを目指す方にオススメな転職エージェントは以下です。

 Type転職エージェントビズリーチアクシスコンサルティングJAC RecruitmentCAREERCARVERクライス&カンパニー
総合評価4.84.84.64.64.44.2
コスト
求人の量
求人の質
提案力
サポート
人気度
公式HP

特にオススメな3つのサービスを紹介します。

Type転職エージェント

Type転職エージェント

Type転職エージェントは、総合転職サイトですが、コンサルティングファームへの転職支援を得意としています。エンジニア転職などにも力を入れているため、開発経験がある方には特にオススメしたいエージェントになります。

Type転職エージェント公式サイトへ

ビズリーチ

bizreach-long01

ビズリーチは、ハイクラス転職で業界No.1の企業です。

ヘッドハンティングプラットフォームとしてデファクトになりつつあります。年収600万以上の方であれば、多忙で、少し受け身の転職姿勢になったとしても、ヘッドハンターたちがキャリアの幅を広げるサポートをしてくれます。
※ただし、レジュメだけはしっかり登録した方が良いです。

ヘッドハンターによる面接対応の対策やレジュメの添削など、企業とマッチングをした後のサポートも充実しています。
ハイクラスを目指しており、転職支援をしっかり受けたい方にオススメです。

ビズリーチ公式サイトへ

アクシスコンサルティング

axc-top1

アクシスコンサルティングは、コンサル業界に特化した転職エージェントです。コンサルタントの転職支援数No.1だけあり、この領域の知見が豊富です。

アクシスコンサルティングが持つ独自のデータベースを活かした企業別の面接対策も可能です。会員登録フォームがシンプルなので、無駄な時間を取られたくない方には特にオススメです。

axis-regi1

コンサル業界への転職成功確率を高めてみてはいかがでしょうか。

アクシスコンサルティングの公式サイトへ
※登録するとキャリアコンサルタントとの面談があります。

キャリアアップを目指す全ての方へ

転職はタイミングが重要です。

自分の市場価値を認識することがキャリアアップへの近道です。

キャリアおよび年収を上げるなら、求人が溢れ、空前の売り手市場である今がベストです。

自分にあった転職エージェントを確保して、しっかり利用していきましょう。

フューチャーアーキテクトへ転職を目指す方は、まずはアクシスコンサルティングに登録してみると良いと思います。

>>Type転職エージェントに登録する

Type転職エージェント

皆様の転職が成功することを願っています。

その他のコンサルティングファーム情報を確認する>>

[email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています