skl1

スカイライトコンサルティングは、もともとアクセンチュアに勤務していたコンサルタント6名が2000年に創業したファームです。プロジェクトのサイズに関わらず顧客が真に求めるサービスを提供したい、クライアントと共に成功体験をしたいという思いから設立されました。

経営陣の平均年齢は34歳と若く、現在は約130名の従業員が在籍しています。徹底したコスト削減や柔軟で機動性に富むプロジェクト参画スタイルを採ることで、リーズナブルかつ高品質なコンサルティングで顧客の経営課題の解決を実現しています。コンサルティング事業の他に投資事業も行っており、ZOZOTOWNで知られるスタートトゥデイ向けの投資実績などがあります。

年収や仕事内容、労働環境や転職にもとめられるスキルなど、スカイライトコンサルティングの主な特徴を以下まとめました。

スカイライトコンサルティングの年収は外資系ファームより低め

スカイライトコンサルティングの年収を以下ランク別に整理してみました。

職種年収
アナリスト(新卒)460~550万円程度
アナリスト(中途)500~600万円程度
アソシエイト550~700万円程度
シニアアソシエイト600~1000万円程度
マネージャー900~1200万円程度

 

日系コンサルティングファームなので、外資系戦略コンサルティングファームに比べると年収は低めです。年俸制を採っているので、年収額には残業代が含まれています。会社の業績と個人評価を踏まえて毎年賞与も支給されます。

年収額の前提となる評価は半期に一回あり、年2回の評価結果に応じて昇給する可能性があります。評価の際は、会社やプロジェクト貢献度を測るコントリビューション評価の他、十数項目によるコンピテンシー評価に基づいて強みや弱みを客観的に把握した上で次のレベルを意識できるようになっています。

>>ハイクラス向け転職サポート:type転職エージェントで求人を探す

スカイライトコンサルティングの事業内容

スカイライトコンサルティングは設立以来、顧客企業の経営課題を解決するためITとビジネスの専門知識に基づいた柔軟なコンサルティングサービスを提供しています。投資事業から参画し、併せてコンサルティングサービスも提供するスタイルを採る場合もあります。サービス提供軸は、戦略策定や新規事業立ち上げ等のテーマ軸と、金融や製造業といった産業軸の二つに分かれており、様々な産業や専門領域に関わるコンサルティングを行うことになります。

なお、スカイライトコンサルティングでは、どのプロジェクトに参画するかは社員自身が社内のプロジェクト要員公募リストから選ぶことになっています。そのため、比較的自分の興味関心やキャリアプランを踏まえたプロジェクト参画が可能となっています。

同様のITコンサルとしては、フューチャーアーキテクトベイカレント・コンサルティングがあります。

スカイライトコンサルティングの激務度

外資系コンサルティングファームほどの長時間労働ではありませんが、クライアントの経営課題の解決に向けて必然的に仕事量は多くなります。平均勤務時間は11時間程度のようです。プロジェクトの状況によっては、業務量が著しく多くなる時期があるので、深夜や休日も仕事をする可能性があります。

他のコンサルティングファームと同様、ある程度プライベートが犠牲になっても割り切って働ける人でないと継続して仕事をするのは難しいでしょう。

スカイライトコンサルティングで求められるスキルは?

skl2

スカイライトコンサルティングは、経営理念として「顧客の成功を創造し、顧客と成功体験を共有する」を掲げているので、その実現の前提となる論理的思考力、問題発掘能力、高いコミュニケーション能力、そして自律的な姿勢が求められます。加えて、プロジェクトを推進するために必要な推進力も求められます。単に与えられた仕事をするだけでなく、一緒に会社を作っていけるようなスタンスで働ける人材を求めています。

加えて、スカイライトコンサルティングは今後ITをベースにしたビジネスプロデュース業務の拡大を目指しているため、何らかのITスキルや知見があると歓迎されるでしょう。

IT経験がある方にはぜひ以下記事も見ていただきたいです。

参考記事:【ITで食べていく】転職・フリーランスの優良エージェント徹底比較

面接試験では、今までの業務で直面した課題をどう解決したのか、なぜその方法を採ったのかを論理的かつ明確に説明できることが必要です。また、マインド面も重視されており、もし経営者だったら今勤務している会社をどう変えるか、といった質問もされることがあります。建設的な意見を中立的な立場で話せるかどうかも評価ポイントとなっています。

スカイライトコンサルティングへの転職に向いている人

スカイライトコンサルティングへの転職には下記のような要素を持つ方には向いているでしょう。

  • 高いコミュニケーション能力や論理的思考力
  • 提案から経営課題の解決までクライアントと協働して推進する力
  • 経営やビジネスプロデュースへの興味関心

スカイライトコンサルティングは企業規模としては大きくありませんが、その分一人ひとりのコンサルタントが年齢に関わらず自律的に業務を行っています。柔軟かつ機動的にコンサルティングサービスを提供したい人には向いているでしょう。

スカイライトコンサルティングへの転職を目指す方へのおすすめエージェント

スカイライトコンサルティングを目指す方にオススメな転職サービスは以下です。

 ビズリーチアクシスコンサルティングJAC RecruitmentType転職エージェントCAREERCARVERクライス&カンパニー
総合評価4.84.64.64.64.44.2
コスト
求人の量
求人の質
提案力
サポート
人気度
公式HP

特にオススメな3サービスを厳選しました。

Type転職エージェント

Type転職エージェント

Type転職エージェントは総合転職サイトですが、コンサルティングファームへの転職支援を得意としています。

エンジニア転職などにも力を入れているため、開発経験がある方には特にオススメしたいエージェントです。

Type転職エージェント公式サイトへ

JAC Recruitment

jacpic1

JAC は、外資系企業や海外転職に強みをもつ転職エージェントです。外資系企業の位置付けになりますが、東証一部上場の転職エージェントに特化した企業となります。

特徴としては、アジアで最大級のネットワークを保持しているエージェントだけあり、海外への転職も含めて日系エージェントがあまり得意としていないポジションの提案を受けることが出来ます。

もちろん、日系ハイクラス企業の掲載も多くありますので、一度チェックしてみることをオススメします。

JAC Recruitmentの公式サイトへ

ビズリーチ

bizreach-long01

ビズリーチは、ハイクラス転職で業界No.1の企業です。

ヘッドハンティングプラットフォームとしてデファクトになりつつあります。

年収600万以上の方であれば、多忙で、少し受け身の転職姿勢になったとしても、ヘッドハンターたちがキャリアの幅を広げるサポートをしてくれます。※ただし、レジュメだけはしっかり登録した方が良いです。

ヘッドハンターによる面接対応の対策やレジュメの添削など、企業とマッチングをした後のサポートも充実しています。ハイクラスを目指しており、転職支援をしっかり受けたい方にオススメです。

ビズリーチ公式サイトへ

スカイライトコンサルティングを含むキャリアアップを目指す全ての方へ

転職はタイミングが重要です。そして、自分の市場価値を認識することがキャリアアップへの近道です。キャリアおよび年収を上げるなら、売り手市場である今がベストです。

自分にあった転職エージェントを確保して、しっかり利用していきましょう。

>>ビズリーチ公式サイトへ

bizreach-highclass1

皆様の転職が成功することを願っています。

当サイトで紹介しているハイクラス企業の年収や職場環境等の情報をまとめておりますので、よろしければご覧ください。ハイクラス企業図鑑はこちら>>
[email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています