スカイライトコンサルティングは激務でやばい?年収や中途採用など転職事情を調査

本ページにはプロモーションが含まれています。
skl1

スカイライトコンサルティングは、もともとアクセンチュアに勤務していたコンサルタント6名が2000年に創業したファームです。プロジェクトのサイズに関わらず顧客が真に求めるサービスを提供したい、クライアントと共に成功体験をしたいという思いから設立されました。

経営陣の平均年齢は34歳と若く、現在は約130名の従業員が在籍しています。

徹底したコスト削減や柔軟で機動性に富むプロジェクト参画スタイルを採ることで、リーズナブルかつ高品質なコンサルティングで顧客の経営課題の解決を実現しています。コンサルティング事業の他に投資事業も行っており、ZOZOTOWNで知られるスタートトゥデイ向けの投資実績などがあります。

年収や仕事内容、労働環境や転職にもとめられるスキルなど、スカイライトコンサルティングの主な特徴を以下まとめました。

これからスカイライトコンサルティングへの転職を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

スカイライトコンサルティングの年収
スカイライトコンサルティングの平均年収735万円※1
スカイライトコンサルティングの生涯年収約2.5億円
業界の平均年収656万円※2
日本の平均年収458万円※3
スカイライトコンサルティングの新卒年収400万円

最終更新:202312

※1出典:OpenWork-スカイライトコンサルティング
※2出典:国税庁-民間給与実態統計調査
※3出典:国税庁-平均給与 

目次

スカイライトコンサルティングの平均年収

スカイライトコンサルティングの平均年収

スカイライトコンサルティングの平均年収は735万円です。

Openworkなどの口コミサービスを参考に算出したものですが、回答数50件未満とかなり少ないためあくまで参考としてご認識ください。

スカイライトコンサルティングは経営課題を解決したり新規事業立ち上げを支援する「経営コンサルタント」が主な事業です。

以下にて業績と平均年収の推移、ボーナスについて詳しく紹介していきます。

スカイライトコンサルティングの業績と年収推移

スカイライトコンサルティング 業績と年収推移
スカイライトコンサルティングの年収と業績
2022年3月期純利益:1.58億円平均年収:735万円
2021年3月期純利益:1.90億円平均年収:789万円
2020年3月期純利益:1.84億円平均年収:858万円

最終更新:202312

※出典:OpenWork-スカイライトコンサルティング

スカイライトコンサルティングは売上高を非公開としているため純利益と年収推移をまとめてみました。

スカイライトコンサルティングはサービス業界のクライアントが多く売上の3割近くを占めています。コンサルティング領域は「新規事業立案」「業務プロセス改善」が最も多いです。

経済動向の影響を受けて純利益の変動が大きくなるため、それに伴って年度ごとの年収も変化が激しいです。(ボーナスの影響が多い)

最近ではスポーツ事業を強化することを目的にスペインにある「4-Football」と業務提携をしています。スカイライトコンサルティングのコンサルタントが常駐し、グローバルで展開するサービスを目指しているようです。

反対にネガティブなニュースはほとんどなく、業績とは直接関係ありませんが「やめた後も働きたい企業」にランクインしたりと良いニュースが多いかったです。

平均年収も決して低いわけではありませんので、業績の変動が大きいことを考慮しても「優良企業」と言えますね。

スカイライトコンサルティングのボーナス

スカイライトコンサルティングのボーナスについても調べてみました。こちらもOpenworkなどの口コミサービスを参考にしています。

30代男性の非管理職で年168万円、30代男性の管理職で年170万円、20代男性の非管理職で年37万円となっています。

あくまで一例、なおかつボーナスは所属する部署や参加したプロジェクトの成果によるため個人単位でかなり変わってきます。

ただ、業界内で比べるとかなり少ない部類になります。

口コミサービスを見た限りではボーナスだけで年1,000万円を超えることはなく、基本的には100万円前後(高くても200万円前後)であることが分かりました。

ワークライフバランスの良さを考えると、むしろ多い方とも考えられますね。

スカイライトコンサルティングの職種別平均年収

スカイライトコンサルティングの職種別平均年収
スカイライトコンサルティングの職種別年収
アナリスト推定:500万円
コンサルタント推定:700万円
マネージャー推定:1,000万円

最終更新:202312

※出典:OpenWork-スカイライトコンサルティング

若干の上下はありますがアナリストで年収500万円、コンサルタントで年収700万円、マネージャーで年収1,000万円になっています。

国内のコンサルティングファームと比較すると平均的な金額ですが、マネージャーまで昇格できると年収1,000万円を狙えます。

よほどのことがない限り降格しないことでも有名です。

例えば、スカイライトコンサルティングはここ10年で急成長をしてきたため、会社が大きくなる際に実力が伴わず出世しマネージャー級でそのままステイしている層が一定存在します。

評価と出世に関して満足度が高い一方で、このような「数年にわたって売上貢献ができていなくても降格されず甘い汁をすっている」という社員もいます。

スカイライトコンサルティングの年代別平均年収

スカイライトコンサルティングの年代別平均年収
スカイライトコンサルティングの年齢別年収
20代推定:400万円~600万円
30代推定:600万円~800万円
40~50代推定:800万円~

最終更新:2023年12月

※出典:OpenWork-スカイライトコンサルティング

Openworkを筆頭に口コミサービスを参考に年代別の平均年収を紹介します。

スカイライトコンサルティングではコンピテンシー評価制度を採用しており、個人の能力やスキルも当然評価しますが「成果を出すためにどのような行動をしているか」に重きを置かれます。

コンピテンシー評価は成果を出している社員の行動特性や思考を言語化できるため、人材育成において再現性を担保しやすいのが特徴です。

そういった意味では、若手については比較的公平な評価がされており、20代であっても実力次第でマネージャーに昇格し年収1,000万円超を達成する方もいます。

評価時の項目数が多く、その指標に対して自己評価と上司評価を行います。各項目毎に上司からのコメントがみっちり書かれるため「なぜこの評価なのか」など納得感があるとの声も多いです。

スカイライトコンサルティングの新卒の初任給・年収

スカイライトコンサルティングの新卒の初任給・年収
スカイライトコンサルティングの新卒の初任給・年収
大学院卒推定:450万円
大卒推定:400万円

最終更新:2023年12月

※出典:OpenWork-スカイライトコンサルティング

国内のコンサルティングファームと比べると平均的な金額です。

外資系のコンサルティングファームでは新卒1年目から600万円・700万円を超えるケースが多いことを考えると、業界内では低い水準と言えますね。

一方で、業務量が多くコンサルティングファームというだけあって仕事内容はハードです。コストパフォーマンスでいえば微妙な線です。

ただ、大手コンサルティングファームと比べると若手社員の活躍の場が多く、まだまだ成長途中の会社でもあるため裁量権も多く与えられます。

そういった意味では他のコンサルティングファームよりも成長機会が多く、中長期的に見れば同年代よりも早くマネージャー級に昇格できます。

学ぶ意欲、向上力が高い人にとっては魅力的な環境と言えます。

スカイライトコンサルティングの同業界競合他社との年収比較

スカイライトコンサルティングの同業界競合他社との年収比較
スカイライトコンサルティングと競合の年収比較
スカイライトコンサルティング735万円※1
KPMG898万円※2
PwC1,049万円※3
デロイトトーマツ938万円※4

最終更新:2023年12月

※1出典:OpenWork-スカイライトコンサルティング
※2出典:OpenWork-KPMG
※3出典:OpenWork-PwC
※4出典:OpenWork-デロイトトーマツ

国内のコンサルティングファームとはほぼ同水準の年収なので、あえて外資系コンサルティングファームとして有名なKPMG、PwC、デロイトトーマツと比較してみました。

やはり外資系と比べるとその差は明らかで、PwCとの差にいたっては約300万円もの差があります。スカイライトコンサルティングでもマネージャー級になれば年収1,000万円を超えますが、外資系であれば1,500万円~2,000万円もらえることを考えると低く感じてしまいます。

イメージとしてはスカイライトコンサルティングで入社4年目を超えたあたりの年収が、大手外資系コンサルティングファームの新卒と同じくらいの年収です。

ただ、一般的にイメージされるようなコンサルならではの激詰めやパワハラ等はほとんどなく、とても働きやすくワークライフバランスも良いです。

外資系ほどのハードワークは望まないが、コンサルタントとして一定の年収を得たい場合はスカイライトコンサルティングが適していますね。

スカイライトコンサルティングの残業時間と残業手当

スカイライトコンサルティングの残業時間と残業手当

スカイライトコンサルティングは業界内で比べると比較的ワークライフバランスが整った会社です。

当然、コンサルタントという仕事柄、業務量は多くプロジェクトの状況によっては、深夜や休日の作業が発生することもあります。

そんな中でも平均残業時間が11時間と、大手外資コンサルファームが月100時間がざらであることを考えるとかなり優良企業です。

以下にてスカイライトコンサルティングの激務度、残業について詳しく解説していきます。

スカイライトコンサルティングの激務度は?

外資系コンサルティングファームほどの長時間労働ではありませんが、クライアントの経営課題の解決に向けて必然的に仕事量は多くなります。

コンサルタントという仕事柄、プロジェクトの状況によっては業務量が著しく多くなる時期があるので、深夜や休日も仕事をする可能性があります。

業界内でいえばワークライフバランスが整っている部類ですが、他のコンサルティングファームと同様、ある程度プライベートが犠牲になっても割り切って働ける人でないと継続して仕事をするのは難しいでしょう。

スカイライトコンサルティングの残業時間と残業手当

平均勤務時間は11時間程度で、日本の平均残業時間とほぼ同じくらいです。

ただ、本当にプロジェクトによっては変わってきます。

コンサルティング業界全体で言えることですが、各プロジェクトの予算は縮小傾向にあり予算が減ればアサインできるコンサルタントの人数も減ります。

そうすると、必然的に1人あたりの業務量が増えてくるため「残業がほぼない」という環境になかなかなりません。

他のコンサルティングファームと比べると残業時間は少ない方ですが、突発的な残業は全然あり得ますし、クライアントも「そういったもの」として依頼を投げてくることも往々にして起こりえます。

一方で働く環境の改善には尽力している印象です。

例えば、有休は年間6日の取得が推奨されており、どれだけプロジェクトが佳境であっても有休をとらないと人事やマネージャーから連絡がくるほどです。

スカイライトコンサルティングの事業内容

スカイライトコンサルティングの事業内容

スカイライトコンサルティングは設立以来、顧客企業の経営課題を解決するためITとビジネスの専門知識に基づいた柔軟なコンサルティングサービスを提供しています。

投資事業から参画し、併せてコンサルティングサービスも提供するスタイルを採る場合もあります。サービス提供軸は、戦略策定や新規事業立ち上げ等のテーマ軸と、金融や製造業といった産業軸の二つに分かれており、様々な産業や専門領域に関わるコンサルティングを行うことになります。

なお、スカイライトコンサルティングでは、どのプロジェクトに参画するかは社員自身が社内のプロジェクト要員公募リストから選ぶことになっています。

そのため、比較的自分の興味関心やキャリアプランを踏まえたプロジェクト参画が可能となっています。

同様のITコンサルとしては、フューチャーアーキテクトベイカレント・コンサルティングがあります。

スカイライトコンサルティングで求められるスキルは?

スカイライトコンサルティングで求められるスキルは?

スカイライトコンサルティングは、経営理念として「顧客の成功を創造し、顧客と成功体験を共有する」を掲げているので、その実現の前提となる論理的思考力、問題発掘能力、高いコミュニケーション能力、そして自律的な姿勢が求められます。

加えて、プロジェクトを推進するために必要な推進力も求められます。単に与えられた仕事をするだけでなく、一緒に会社を作っていけるようなスタンスで働ける人材を求めています。

加えて、スカイライトコンサルティングは今後ITをベースにしたビジネスプロデュース業務の拡大を目指しているため、何らかのITスキルや知見があると歓迎されるでしょう。

IT経験がある方にはぜひ以下記事も見ていただきたいです。

参考記事:IT/Webエンジニアにおすすめ転職エージェント

面接試験では、今までの業務で直面した課題をどう解決したのか、なぜその方法を採ったのかを論理的かつ明確に説明できることが必要です。また、マインド面も重視されており、もし経営者だったら今勤務している会社をどう変えるか、といった質問もされることがあります。建設的な意見を中立的な立場で話せるかどうかも評価ポイントとなっています。

スカイライトコンサルティングへの転職に向いている人

スカイライトコンサルティングへの転職に向いている人

スカイライトコンサルティングへの転職には下記のような要素を持つ方には向いているでしょう。

  • 高いコミュニケーション能力や論理的思考力
  • 提案から経営課題の解決までクライアントと協働して推進する力
  • 経営やビジネスプロデュースへの興味関心

スカイライトコンサルティングは企業規模としては大きくありませんが、その分一人ひとりのコンサルタントが年齢に関わらず自律的に業務を行っています。

柔軟かつ機動的にコンサルティングサービスを提供したい人には向いているでしょう。

スカイライトコンサルティングへの転職を検討している方がすべき1つのこと

スカイライトコンサルティングへの転職を検討している方がすべき1つのこと

ハイクラス求人を扱っている転職エージェントに登録してみてください。
その理由は下記3点です。

  • Webには出てこないスカイライトコンサルティングのリアルな情報が手に入る可能性がある
  • スカイライトコンサルティングおよびその他企業の非公開求人を紹介してもらえる
  • 面接対策や年収アップ交渉をしてもらえるため、効率的に転職活動ができる

スカイライトコンサルティングへの転職を目指す方へのおすすめエージェント

スカイライトコンサルティングへの転職を目指す方へのおすすめエージェント

スカイライトコンサルティングを目指す方にオススメな転職エージェントは以下です。

  • アクシスコンサルティング
  • リクルートダイレクトスカウト
  • アサイン

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング
運営会社アクシスコンサルティング株式会社
公式サイトhttps://www.axc.ne.jp/
公開求人数非公開(2024年5月7日現在)
主な求人職種コンサルティング業界

アクシスコンサルティングは、特にコンサル業界に強みを持ち、約5,000名の現役コンサルを含む約20,000名もの転職志望者の支援をした実績があります。

その実績による信頼からコンサル業界と強いパイプがあり、下記の3つのメリットがあります。

  • 業界を熟知した質の高いサポート
  • 全体の77%が非公開求人
  • 平均支援期間は3年 中長期に渡る支援が受けられる

信念として「生涯のキャリアパートナー」を掲げ、本人のキャリアプランから「今は転職する時期ではない」と判断すれば無理に転職を薦めないなど、視野の広いサポートが受けられるのも特徴です。

関連記事:アクシスコンサルティングの評判・口コミを調査!【転職エージェント】

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
運営会社株式会社リクルート
公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/
公開求人数298,652件(2024年6月7日現在)
主な求人職種全職種

リクルートダイレクトスカウトは、その名の通り転職情報サイト大手のリクルート社が運営している転職エージェントです。

高年収が期待されるハイクラス求人に特化していることが特徴であり、約2万件を超えるコンサルティング求人を保有しています。

リクルートダイレクトスカウトのメリット
  • 高年収かつ質の高い求人情報が豊富にある
    • 年収800万円〜2,000万円の高年収求人を多く扱っており、ハイクラス企業の厳選求人も豊富にある。
  • 質の高いヘッドハンターが多数登録しており、自分からアプローチもできる
    • 厳選された4,000人以上の優秀なヘッドハンターを揃え、転職者自らヘッドハンターにアプローチをかけることも出来る。
  • 無料で自分から求人を検索することができる
    • 有料プランに加入せずとも求人の検索・応募が可能。

リクルートというブランドと知名度を最大限に活かすことで、首都圏はもちろん全国各地から求人案件が集約されています。

ハイクラスに特化した求人が集まっているため、将来のライフプランを考えて年収を上げたい若手ビジネスマンにおすすめです。

地方で転職を目指している方にとってもおすすめのエージェントです。

アサイン

アサイン
運営会社株式会社アサイン
公式サイトhttps://assign-inc.com/
公開求人数非公開(2024年6月7日時点)
主な求人職種コンサルティング・IT業界

アサインは、20代から30代のハイエンド転職に特化したエージェントです。

特に若手のハイエンド転職強みを持ち、2021年JAPAN HEADHUNTER AWARDで最優秀賞を受賞しており、アプリ会員は3万人を超える実績があります。

また、実績による信頼からコンサル業界と強いパイプがあり、下記の3つのメリットがあります。

アサインのメリット
  • 若手のキャリアアップに最適なエージェント
    • 若くてもコンサル・IT業界にハイクラスな条件で転職できる。
  • 個人に応じたオーダーメイドなキャリア支援
    • 一人ひとりに合った長期的なキャリア形成のアドバイスを貰える。
  • 独自アプリ「VIEW」による転職サポート
    • アサインのノウハウとAIエンジンを融合させたキャリアシミュレーションでキャリア支援してくれる。

中長期を前提としてキャリアサポートを受けたいなら、アサインが最も良いでしょう。

創業5年と歴史は短いですが、徹底した求職者目線で人と向き合う姿勢が最大の特長です。しっかりとキャリアアップ、キャリア形成をプロと進めていきたい方におすすめです。

関連記事:アサイン(ASSIGN)転職エージェントの評判・口コミは?案件の特徴など徹底解説

スカイライトコンサルティングを含むキャリアアップを目指す全ての方へ

転職はタイミングが重要です。そして、自分の市場価値を認識することがキャリアアップへの近道です。キャリアおよび年収を上げるなら、売り手市場である今がベストです。

ハイクラス転職に向けて、複数の転職エージェントに登録し比較しするのも転職可能性を高めるポイントです。自分の目的に合ったエージェントを確保し、しっかり活用していきましょう。

皆様の転職が成功することを願っています。

目次