oracle1

ORACLEは米国に本社を置く民間法人や公共機関を対象とするビジネスソフトウェア企業です。プラットフォームからアプリケーションまで、一貫したクラウドソリューションを提供できる世界唯一のクラウドカンパニーとして、多くの企業や機関にサービスを提供しています。最近はデータベース管理ソフトだけではなくサーバーやストレージなどのミドルウェアなども強く、ラインナップを拡充しているところです。

日本オラクルは1985年に設立されました。日本法人としては、国内を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア製品やハードウェア製品の販売、ソリューション・コンサルティングサービスの提供、各種サポートサービスやトレーニングサービスの提供を行っています。従業員は2500名程度で、順調に利益を伸ばしているSIer企業の一つとなっています。

ここで日本オラクルの年収や採用される人の特徴を整理してみました。

日本オラクルの年収は比較的高水準

日本オラクルでは募集職種にエンジニアや営業職など複数がありますが、ここでは大体の推定年収について独自に調査した結果を記載します。

  • 20代:570~700万円程度
  • 30代前半:650~850万円程度
  • 30代後半:800~900万円程度
  • 40代前半:900~1100万円程度
  • 40代後半:1000~1200万円程度

実際の支給額は個人の能力や経験値によって異なります。給与レンジは幅がありますが、総じて年収は高いと言えるでしょう。

オラクルではエンジニア職やコンサルタント職よりも営業職の方が高給になる場合が発生します。これは営業職ありきでオラクルのビジネスが成り立っているからで、営業職はインセンティブによってはかなりの高給になる場合もあります。能力によって差がつくのは仕方ありませんが、実力があれば高給を得られるでしょう。

日本オラクルの主な事業内容

日本オラクルの主な事業内容は、情報システム構築のためのソフトウェア・ハードウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービスやトレーニングになります。データの価値を知として最大化させ、豊かな情報社会を実現することを企業理念に掲げており、また目標として「2020年までにNo.1Cloud Companyになることを目指す」としています。

創業以来データベース管理ソフトに強みがありますが、ミドルウェアやアプリケーションのラインナップ拡充の他、カスタマーエクスペリエンスやERPを中心としたSaaS事業の展開にも力を入れています。

またトレーニングにおいては、教育機関向けにビッグデータやIoT、クラウド技術に対応したカリキュラム提供事業があり、中高生向けの教育にも利用されています。

これら事業の性質から、データベースやアプリケーションに関連に強いエンジニアやコンサルタント、またはこれらに強い営業の経験がある方は歓迎されると思われます。

競合企業1SAPの年収・転職情報を分析

競合企業2Salesforce(セールスフォース)の年収・転職情報を分析

日本オラクルの激務度や福利厚生の内容

日本オラクルでは裁量労働制が採用されており、残業込みでの給与が支給されます。

効率よく仕事を終わらせることができる社員は早く帰りますし、そうでない人は残って仕事をしているようです。基本的に働き方も自由で、全社員に向けての在宅勤務制度なども整っており、臨機応変な働き方が実現できる企業と言えます。評価は成果主義が採られているので、成果さえ出していれば特に文句を言われることもありません。

福利厚生としては、住宅補助はありませんがカフェテリアプランで8万円分のポイントが支給され、資格取得の他スポーツや家族旅行などの余暇にも利用できるようになっています。社内にはマッサージルームも完備されています。

日本オラクルで必要とされるスキル

日本オラクルは中途で随時スキルのある人材を募集しています。募集がされているのは営業職、エンジニア職、コンサルタント職ですが、多くは営業職になっています。いずれの職種も難易度は高く、しっかりとした志望動機やマッチするスキルがあることが重要です。

具体的には、ネットワークやデータベースに関する高い知識やスキル、オラクルの導入経験や相当する経験などが該当します。営業職の場合は、これらの知見に加えてソフトウェア等の営業販売経験があることが挙げられます。いずれも未経験者は難しいでしょう。特にエンジニアについてはかなりのハイスキルが必要とされます。

過去にSIer企業やITコンサルティングファームでの就業経験がある人、もしくは営業経験がある人には適していると言えるでしょう。

日本オラクルへの転職に向いている人

以上の内容を踏まえると、日本オラクルへの転職に向いているのは以下の3点の要素を持ち合わせている人と言えます。

  • データベースやソフトウェア関連等に関わる実務経験や営業経験があること
  • 実力主義の環境で自律的に働くことができること
  • 成果を出すことに貪欲なこと

日本オラクルは入社するのは難しいですが、実際に入社して働けばかなりの高給になりますし、自由な雰囲気で実力を磨いていける環境です。日本国内でも有数のSIer企業と言えます。

日本オラクルへの転職を目指す方へのおすすめエージェント

日本オラクルを目指す方にオススメな転職サービスは以下です。

 ビズリーチアクシスコンサルティングJAC RecruitmentType転職エージェントCAREERCARVERクライス&カンパニー
総合評価4.84.64.64.64.44.2
コスト
求人の量
求人の質
提案力
サポート
人気度
公式HP

特にオススメな3サービスを厳選しました。

Type転職エージェント

Type転職エージェント

ハイクラス企業向けの転職エージェントとしてtype転職エージェントにて募集をかけている場合があります。

担当のキャリアアドバイザーが、職務経歴書の作成や面接対策・年収交渉・非公開求人の紹介までしっかりとサポートしてくれるので、是非相談してみてください。

Type転職エージェント公式サイトへ

JAC Recruitment

jacpic1

JACは、外資系企業や海外転職に強みをもつ転職エージェントです。外資系企業の位置付けになりますが、東証一部上場の転職エージェントに特化した企業となります。

特徴としては、アジアで最大級のネットワークを保持しているエージェントだけあり、海外への転職も含めて日系エージェントがあまり得意としていないポジションの提案を受けることが出来ます。

もちろん、日系ハイクラス企業の掲載も多くありますので、一度チェックしてみることをオススメします。

JAC Recruitmentの公式サイトへ

ビズリーチ

bizreach-long01

ビズリーチは、ハイクラス転職で業界No.1の企業です。

ヘッドハンティングプラットフォームとしてデファクトになりつつあります。

年収600万以上の方であれば、多忙で、少し受け身の転職姿勢になったとしても、ヘッドハンターたちがキャリアの幅を広げるサポートをしてくれます。
※ただし、レジュメだけはしっかり登録した方が良いです。

ヘッドハンターによる面接対応の対策やレジュメの添削など、企業とマッチングをした後のサポートも充実しています。

ハイクラスを目指しており、転職支援をしっかり受けたい方にオススメです。

ビズリーチ公式サイトへ

日本オラクルを含むキャリアアップを目指す全ての方へ

転職はタイミングが重要です。そして、自分の市場価値を認識することがキャリアアップへの近道です。キャリアおよび年収を上げるなら、求人が溢れ、空前の売り手市場である今がベストです。

自分にあった転職エージェントを確保して、しっかり利用していきましょう。

>>ビズリーチ公式サイトへ

bizreach-highclass1

皆様の転職が成功することを願っています。

[email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています