kpmg1

KPMGコンサルティングは、KPMGコンサルティングは、企業を、ビジネストランスフォーメーション(事業変革)、テクノロジートランスフォーメーション、リスク&コンプライアンスの3つの分野から支援するKPMGインターナショナルのメンバーファームの一つです。

KPMGは世界4大会計事務所の一つとして名高いですが、KPMGコンサルティングは2014年にKPMGマネジメントコンサルティング株式会社とKPMGビジネスアドバイザリー株式会社が統合してできたファームなので、新会社としての歴史はまだ浅いと言えます。(外資系転職に興味のある方は、以下の記事も合わせて読んでみてください。)

参考記事:たかが外資系への転職を不安に思わなくてよい3つの理由

多様なコンサルティング分野に対する専門知識と豊富な経験を有するコンサルタントが多数在籍しており、幅広い業界のクライアントに対してコンサルティングサービスを提供しています。

今回はKPMGコンサルティングの年収や主な特徴を整理してみました。

KPMGコンサルティング合同会社の評判

総合評価:3.26 star_3.26

KPMG_chart

企業名年収ホワイト度転職難易度成長環境やりがい・士気
KPMG3.33.33.33.13.3
総合コンサル平均3.43.23.63.63.5
コンサル業界平均3.53.23.73.93.7

KPMGコンサルティングの年収は?

KPMGコンサルティングのおおよその年収について独自で調査してみました。正確な給与金額は個人の能力や評価結果に応じて変わります。

タイトル年収
アナリスト460万-500万
コンサルタント500万-700万
シニアコンサルタント650-900万
マネージャー800万-1200万
シニアマネージャー1100万-1400万
ディレクター1300万-2000万
パートナー2000万-

多くの外資系法人と同様年俸制となっています。上記に加え各期で賞与も支給されます。

ただ同じランクであってもパフォーマンスによって年収に差が出ることがあり、頑張り次第で年収アップが期待できます。外資系戦略コンサルティングファームには及びませんが、年収は比較的高いと言えるでしょう。

biz-fee

年収について、実際に現職/過去に在籍された方のコメントを紹介します。

給与は同一タイトル内での上り幅は少なく、賞与はファームの利益により変動

同一タイトル内での昇給は最大でも5%程度、昇格するまでは大幅な給与アップは見込めないだろう。そのため、転職時の年収交渉が重要。また、賞与は基本的にファームの利益により変動し、利益が出ていないときは支給0ということもあり得る。支給の有無や算定方法については完全にブラックボックスとなっており、些か給与制度が不透明であるという印象は拭えない。
30代 男性

KPMGコンサルティングの激務度は?

KPMGコンサルティングも他のコンサルティングファームと同様に実力主義で、成果を出すべく長時間労働になることが多いです。会社のトップが監査法人出身者ということもあり、メリハリがある働き方よりも日系企業的な働き方になる傾向にあります。

仕事は基本的にOJTで学んでいく形なので、特に転職後プロジェクトにアサインされた直後などは激務を覚悟すべきです。

ただし、担当するプロジェクトやクライアント、チームの方針によっては、ワークライフバランスを考慮したような働き方ができる場合もあります。

近年は残業を減らす取り組みが盛んに行われており、波がある中でもできるだけメリハリを付けた働き方を実現できるようにしようという風潮が出てきています。

女性でも産休や育休を経て復職することがよくあるので、仕事をしっかりすれば自分の裁量で働き方を調整することは可能な職場と言えます。

激務度について、実際に現職/過去に在籍された方のコメントを紹介します。

ワークライフバランスはプロジェクトによるが、他のファームと比較すると良い方だと思われる

「働き方改革」の影響から勤怠管理に力を入れるようになったと感じる。他ファームでは依然として勤務時間を適正に申告できなかったり、残業代が支給されないなどの問題があるようだが、KPMGコンサルティングに関しては適正化しようとする努力を感じる。ただ、アサインされる案件によっては、納期が迫っている時期や人手が足りない時は必然的に長時間労働になりやすい。
20代 女性

KPMGコンサルティング 会社概要

 

名称KPMGコンサルティング株式会社
設立2014年4月1日 
資本金6,000万円
人員765人
代表者代表取締役社長 宮原 正弘
所在地 東京本社
〒100-0004
千代田区大手町1丁目9番7号 大手町フィナンシャルシティ サウスタワー
電話番号 :03-3548-5111 FAX :03-3548-5114大阪事務所
〒541-0048
大阪市中央区瓦町3丁目6番5号銀泉備後町ビル6F
電話番号 : 06-7731-2200 FAX : 06-7731-1011名古屋事務所
〒450-6426
名古屋市中村区名駅3丁目28番12号 大名古屋ビルヂング26階
電話番号 : 052-571-5485

参考:KPMGコンサルティング株式会社

KPMGコンサルティングの主な事業内容

KPMGコンサルティングは、ビジネストランスフォーメーション(事業変革)、テクノロジートランスフォーメーション、リスク&コンプライアンスの3分野において、クライアント企業を支援しています。

特徴として、上記3分野に豊富な経験とスキルを有するプロフェッショナルによってコンサルティングサービスが提供されること、そして、世界4大会計事務所の一角を占めているファームらしく、会計・財務・税務で培ってきたKPMGならではのリスクコンサルティング力を提供できることが挙げられます。

また、近年ではこれら3つの分野の他、グローバル化支援、海外子会社管理、デジタル化支援、データアナリティクス高度化支援、Fintech関連支援等最新技術に対応するためのコンサルティングサービスも提供しています。

提供サービスとしては、戦略、BPR、人事、PMO、アウトソーシング、リスクコンプライアンス、ITなど多岐に渡り、クライアントのインダストリーとしては金融、保険、製造、自動車、ヘルスケア、エネルギー、情報通信など様々な業種が挙げられます。

ビジネストランスフォーメーション(事業変革)9 ストラテジー&オペレーション
・フィナンシャルマネジメント
・組織・人材マネジメント
テクノロジートランスフォーメーション・ITプランニング&アーキテクチャデザイン
・ITガバナンス&プログラムマネジメント
・デジタルトランスフォーメーション
・エンタープライズソリューション導入支援
リスク&コンプライアンス・ガバナンス/内部監査/内部統制
・海外グループ管理
・ITリスクマネジメント
・サイバーセキュリティアドバイザリー
・事業変革
・ストラテジー&オペレーション

参考:KPMGコンサルティング株式会社

KPMGコンサルティングで求められるスキル

kpmg2

採用したい人材像としては、変化に対してストレスを感じずにチャレンジを厭わないことが挙げられています。変化をビジネスに変えられるバイタリティが求められます。

また、他ユニットとの協業が多いので、多様な関係者を調整しながらリーディングできる力も必要とされます。

採用条件は

  • 大手コンサルティングファームでの実務経験者または経営企画など準ずる経験を有すること
  • バイリンガル以上であること
  • 企業経営に興味があること
  • 好奇心が旺盛であること

等が挙げられています。

KPMGコンサルティングへの転職に向いている人は?

以上を踏まえ、KPMGコンサルティングへの転職に向いているのは、主に以下の三つの要素を持ち合わせている人材でしょう。

  • 変化を厭わず成長し続けられること
  • 好奇心旺盛であること
  • 精神的・肉体的なバイタリティとタフさがあること

KPMGコンサルティングは、KPMGインターナショナルのメンバーファームであることからグローバル案件や他ファームとの協業案件も多数あります。

自身のこれまでの就業経験や専門性を生かした上で、変化を積極的にビジネスに変えられるエネルギーを持つ方には向いているでしょう。

参考記事:外資系コンサルタントが作るハイクラス転職メディア

BIG4について

KPMG以外のBIG4各社についても以下にまとめています。
BIG4への転職を検討されている方は必見です。

また、並列で語られることが多いアクセンチュアについても、ぜひ参照してみてください。

KPMGコンサルティングの求人はtypeJAC Recruitmentなどのハイクラス向けの転職エージェントを通じて募集している場合があります。まずはチェックしてみてください。

その他のハイクラス企業の情報を見る>>

[email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています