今回は、SIerで働いている方、SIerに興味のある方に向けた記事です。SIerランキングを様々な観点(年収、利益、年齢、従業員数)から整理しました。

真面目さん
SIerってなんか泥臭く働いていそう・・・

 

SIerにハイクラス企業のイメージを持っている人は少ないと思います。私もその一人でした。ただ、IT系コンサルティングファームやBIG4のIT部隊には、SIer出身者が数多く在籍し、活躍しています。
新卒採用においては、高学歴の学生にも人気の業種であり、優秀な人材も多いです。

金欲さん
そうだ!俺みたいな優秀な人材もいるんだぞ!

ハァ・・・こういう人がいるから・・・・

将来性もあり、安定した給与レンジを持つ大手SIer。そんなSIerの年収は一体どうなっているのか?
今回は、IT業界で長らく働いてきた方にSIerランキングを作成頂きました。最後に上位SIerに転職するコツも載せています。

2chのSIerランキングと本サイトの指標

SIerの業界で働いていると、自分の勤めている企業がどの程度のレベルにあるのか、気になるものですよね。

そこでSIer企業を年収、利益、平均年齢、従業員数でランキング化してみました。

5chのランキング

まずは5ch(参照元)のランキングをチェックしてみましょう。

順位 企業名
1 Oracle、Cisco、SAP
2 NTTデータ、日立製作所
3 日本IBM、NTTコミュニケーションズ、野村総研(NRI)、富士通
4 アクセンチュア、NEC、日本HP
5 新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)、電通国際情報サービス(ISID)、みずほ情報総研(MHIR)、日本総研(JRI)、大和総研(DIR)
6 三菱UFJインフォメーションテクノロジー(MUIT)、ニッセイ情報テクノロジー、

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)、NTTコムウェア、日本ユニシス

7 アビームコンサルティング、JSOL、JR東日本情報システム(JEIS)、

日立システムズ(HISYS)、日立ソリューションズ(HISOL)、農中情報システム

8 NECソリューションイノベータ、SCSK、東洋ビジネスエンジニアリング、フコク情報システム(FIS)
9 TIS、オージス総研、富士通エフサス、シンプレクス、

タタコンサルタンシーサービシズ、東京海上日動システムズ

10 オービック、三菱UFJトラストシステム、三菱総研DCS、兼松エレクトロニクス、都築電気、日興システムソリューションズ、キャノンITソリューションズ

あくまで5chの情報なので不明瞭なところもありますが、上場していない企業や外国の企業も入れたランキングなので、興味深いものになっています。

金欲さん
この謎のランキング、学生の時よく見てたなぁ。AC(アクセンチュア)とかもSIer扱いなんだよね。

SIerの種類(メーカ・ユーザ・独立)

ここでまずSIerの種類について確認しておきましょう。SIerには、「メーカー系」「ユーザー系」「独立系」の3種類があります。

メーカー系 コンピューターなどのハードウェアを製造販売するメーカーから派生して作られたSIerのこと
ユーザー系 大手企業などにある情報システム部門が派生して作られたSIerのこと
独立系 親会社を持たず、資本的に独立している企業のこと

そのほかにも企業構造が複雑化していたり、業務が多岐にわたっている場合は、この3つの分類に当てはまらない場合もあります。

大手SIerランキング

ランキングを作るための指標(年収・利益・従業員・平均年齢)

sier-rank2

今回は年収、利益、従業員、平均年齢でランキングを作ってみました。転職で気になるのはやはりこの4つの項目。ぜひ参考にしてみてください。

SIerの年収ランキング

【メーカー系】

順位 企業名 年収
1 日立製作所 ¥8,680,000
2 都築電気 ¥8,510,000
3 NEC ¥8,330,000
4 富士通 ¥8,100,000
5 NECネッツエスアイ \¥7,490,000

 

【ユーザー系】

順位 企業名 年収
1 電通国際情報サービス(ISID) ¥9,720,000
2 新日鉄住金ソリューションズ ¥8,290,000
3 伊藤忠テクノソリューションズ ¥8,120,000
4 NTTデータ ¥8,070,000
5 TIS ¥7,870,000
6 インフォコム ¥7,790,000
7 ネットワンシステムズ ¥7,610,000
8 テクマトリックス ¥7,430,000
9 兼松エレクトロニクス(KEL) ¥7,190,000
10 JFEシステムズ ¥7,170,000

 

【独立系】

順位 企業名 年収
1 オービック ¥8,230,000
2 大塚商会 ¥8,050,000
3 東洋ビジネスエンジニアリング ¥7,880,000
4 日本ユニシス ¥7,500,000
5 SCSK ¥7,210,000
6 インターネットイニシアティブ(IIJ) ¥6,520,000
7 NSD ¥6,160,000
8 トランスコスモス ¥4,530,000

金欲さん
年収そこそこって感じだな!

SIerの利益ランキング

【メーカー系】

順位 企業名 利益
1 日立製作所 ¥550,527,000,000
2 富士通 ¥120,612,000,000
3 NEC ¥107,306,000,000
4 NECネッツエスアイ ¥14,111,000,000
5 パナソニックインフォメーションシステムズ ¥4,394,000,000
6 都築電気 ¥1,773,000,000

 

【ユーザー系】

順位 企業名 利益
1 NTTコミュニケーションズ ¥118,200,000,000
2 NTTデータ ¥100,800,000,000
3 TIS ¥24,436,000,000
4 新日鉄住金ソリューションズ ¥19,269,000,000
5 NTTコムウェア ¥8,900,000,000
6 電通国際情報サービス(ISID) ¥6,488,000,000
7 兼松エレクトロニクス(KEL) ¥6,390,000,000
8 インフォコム ¥4,427,000,000
9 ニッセイ情報テクノロジー ¥4,017,000,000
10 伊藤忠テクノソリューションズ ¥2,794,200,000

 

【独立系】

順位 企業名 利益
1 大塚商会 ¥39,684,000,000
2 SCSK ¥31,785,000,000
3 オービック ¥26,108,000,000
4 日本ユニシス ¥12,525,000,000
5 トランスコスモス ¥9,725,000,000
6 NSD ¥6,378,000,000
7 インターネットイニシアティブ(IIJ) ¥6,140,000,000
8 東洋ビジネスエンジニアリング ¥531,000,000

金欲さん
利益率は抜群に高いぞ!

SIerの平均年齢ランキング

【メーカー系】

順位 企業名 平均年齢
1 日立製作所 41.2
2 NECネッツエスアイ 42.2
3 NEC 42.9
4 富士通 43.3
5 都築電気 43.5

 

【ユーザー系】

順位 企業名 平均年齢
1 テクマトリックス 37.0
2 NTTデータ 37.6
3 ネットワンシステムズ 38.7
4 新日鉄住金ソリューションズ 39.4
5 伊藤忠テクノソリューションズ 39.9
6 電通国際情報サービス(ISID) 40.6
7 兼松エレクトロニクス(KEL) 41.2
8 インフォコム 42.3
9 JFEシステムズ 43.5
10 TIS 46.3

 

【独立系】

順位 企業名 平均年齢
1 トランスコスモス 35.9
2 オービック 36.0
3 インターネットイニシアティブ(IIJ) 36.3
4 NSD 37.7
5 東洋ビジネスエンジニアリング 40.1
6 大塚商会 40.4
7 SCSK 41.9
8 日本ユニシス 44.2

金欲さん
やはり、大手SIerの平均年齢は高いな!

SIerの従業員数ランキング

【メーカー系】

順位 企業名 従業員数
1 日立製作所 308,178
2 富士通 156,515
3 NEC 98,726
4 NECネッツエスアイ 7,664
5 都築電気 2,283

 

【ユーザー系】

順位 企業名 従業員数
1 NTTデータ 109954
2 TIS 19720
3 伊藤忠テクノソリューションズ 8127
4 新日鉄住金ソリューションズ 5959
5 電通国際情報サービス(ISID) 2635
6 ネットワンシステムズ 2280
7 JFEシステムズ 1770
8 兼松エレクトロニクス(KEL) 1007
9 インフォコム 1007
10 テクマトリックス 1007

 

【独立系】

順位 企業名 従業員数
1 トランスコスモス 18,703
2 CSK 11,929
3 大塚商会 8,538
4 日本ユニシス 8,020
5 NSD 3,393
6 インターネットイニシアティブ(IIJ) 3,108
7 オービック 1,983
8 東洋ビジネスエンジニアリング 551

ランキング上位に、大手以外も入ってくるのがIT業界の面白い所ですね。

SIerランキング上位企業に転職する3つのコツ

sier-rank3

上述したような大手SIerに転職するためには、どんなことに気を付けたらよいのでしょうか。

  • 企業に繋がる人脈を作る
  • 能力を担保する資格を取る
  • 経験・能力を整理する

企業に繋がる人脈を作る

まずは人脈を作ることです。

転職では、相手企業の状況をどれだけ把握できたかがポイントになります。企業状況を把握するためにも、人脈をどんどん広げていくようにしましょう。
どんなプロジェクトを進めているのか、どんな人材を求めているのかは、企業のウェブページからはなかなかわかりませんが、口コミからはその実情がよくわかります。

人脈があれば、縁故採用に近い形で採用が決まる場合も多いです。
もし、人脈がなければ、勉強会に足を運んだり、転職エージェント等に相談してみるのが良いでしょう。

転職先の相手に安心してもらえる資格を取る

また資格も重要です。IT業界ではこれまで携わってきたプロジェクトが実力の証明になると考えられがちですが、転職では、エンジニアではない役員や人事担当者もいます。

そうした方々に自分の能力を証明するためには、資格を履歴書に明記しておく方が有利なこともあります。
もし転職先へのアピールになる資格があるのならば、取得しておくと良いでしょう。

OracleSAPなどの実務に生きる特化した資格、PMPのようなマネジメント系の資格がオススメだ。

相手企業が望む経験・能力をアピール可能な経歴書を作る

経歴書は、最初に人事担当者の目に触れるもの。ぜひ相手の心をつかむような経歴書にしておきたいです。
まずは相手企業のプロジェクトをチェックして、どんなプロジェクトが行われ、どんなスキルが求められているのか確認するようにしましょう。

自分に応用できそうなスキルがあれば、経歴書にアピールポイントとして書いておくことで人事担当者の目に留まりやすくなります。

金欲さん
人脈があれば要望も伝えられるし、採用角度も高くなるのでオススメだ。

SIerランキング上位企業に転職することは現実的か?

sier-rank4

SIerへの転職を目指すなら、狙いたいのは上位企業です。
上位企業なら上流工程を担当することが多いのでクライアントと向き合いながら仕事をすることができますし、納期や給与の面でもかなり余裕を持った働き方ができます。

SIerランキング上位企業に転職するためには、どうしたらいいでしょうか。

同業からの転職は十分可能性がある

まず同業から転職にチャレンジする場合は、十分可能性があると言えます。

そもそもIT業界は人手不足であることが多く、転職してきたとしても教育係として人材を避ける余裕がないところがほとんどです。そのためスキルや経験をもった実力のある即戦力人材を採用したいというのが、人事担当者の本音と言えます。

同業の場合はスキルも経験も十分ですし、採用担当者からしても安心して採用することができるでしょう。また同業から転職する場合は、しっかりと転職先のプロジェクトの傾向について調べておくことが大切です。

例えば、メーカー系ならどんなメーカーの仕事が多く、どんなスキルが必要とされているのかなど、転職を考えている企業については一通り調べ、一覧にしておきましょう。

ここまで調べておくと、転職先ではどんなスキルや経験を持った人材が求められているのかわかるようになりますし、履歴書作成の際にもアピールポイントがつかみやすくなります。
また面接の際も、転職先のプロジェクトの傾向に自分のスキルや経験を合わせて説明することができれば、人事担当者からも注目してもらえるようになります。

他業界からはポテンシャルがあれば採用される可能性がある

他業界からの転職となると、どうしても同業種よりは難しくなると言わざるを得ません。

IT業界は人材不足が続いており、社内教育に余力をさけないという場合も数多くあります。人事担当者としては、できるだけ即戦力で働ける人材が欲しいというのが本音でしょう。

しかし逆から言えば、「即戦力で働ける人材」であるということをしっかりアピールできれば、目につく人材になるということになります。転職先のプロジェクトについて活かせるスキルや経験をアピールできれば、転職の可能性はぐっと高まるでしょう。

例えば「Web系のエンジニアだったが、独学でアプリ開発もしている」とアピールできれば、人事担当者にアプリ開発へのモチベーションが高い積極的な人材と取ってもらえるでしょう。

金欲さん
即戦力が有利だが、ポテンシャル採用をしている企業も多い。人手不足が深刻だからな!

SIerの求人が多い今、年収やキャリアを上げるチャンス

SIerに限らず、IT系転職全般に言えることですが、転職するなら求人数が増大している今がチャンスでしょう。お時間があれば、エンジニア特化のエージェントを紹介している以下記事も参考にしてください。
 
参考記事:【元ブラック企業社員直伝】IT転職・フリーランスエージェント比較
 
今後もIT関連市場は拡大するので、もしキャリアに不安があれば、一度エージェントに相談してみましょう。

複数の転職エージェントに登録するのがオススメ

近年のIT分野の高まりによってSIer業界でも求人数が増加しています。

でも「残業が多かったら納期のために仕事が忙しくて、とても転職活動なんてできない…」というかたもいらっしゃるかもしれません。そんな場合におすすめなのが、転職サイトや転職エージェントの活用です。
転職サイトにおいて登録は無料ですし、複数のサイトを登録しておくことで自分に合った求人を見つけやすくなります。

転職エージェントも併せて使えば、面談で相談した内容をもとにぴったりの案件を紹介してくれますし、面接の日取りなども調整してくれるのでストレスなく転職活動を進めていくことができます。

興味がある方は、エージェントと接してみて、自分の希望を応援してくれる担当者と転職活動をしてみるのがオススメです。

 Type転職エージェントビズリーチGEEKLYレバテックキャリアCAREERCARVERレバテックフリーランス
コスト
求人の量
求人の質
提案力
サポート
人気度
公式サイト

もし、複数サイトに登録してエージェントを選ぶ作業に時間が取れない方は、Type転職エージェントがオススメです。総合転職サイトでありながら、IT関連転職の求人を多く用意しており、サポートも手厚いと評判です。

金欲さん
IT人材の需要は高い。SIerでの業務経験は今後のキャリア形成に役立つはずだ!
LINE@で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています