ANAの平均年収は691万円!年代・職種別やボーナスについても徹底解説!

日本を代表する航空会社のANA(全日本空輸)

イギリスの航空会社の格付けで、最高評価となる「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ」を獲得したこともあり、日本だけではなく世界トップクラスの航空会社として有名です。 そのため、ANAで働いている社員の給料やボーナスが気になられる方も多いのではないでしょうか。

2022年度のANAの有価証券報告書によると、平均年収は691万円です。ただ、社員全体の平均年収であるため、この記事では年代別や職種別の平均年収、さらにボーナス、福利厚生についても徹底解説します。

最後まで読んでいただければ、ANAへ転職や就職後のイメージを持つことができるはずです。ANAだけではなく航空業界への転職などをご検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ANAの年収
ANAの平均年収691万円※1
ANAの生涯年収約3.68億円
航空業界の平均年収700~800万円※2
日本の平均年収458万円※3
ANAの新卒年収350~450万円

※最終更新:2023年9月

※1出典:ANA-有価証券報告書 ※2出典:国税庁-民間給与実態統計調査 ※3出典:国税庁-平均給与

ANAの平均年収

ANAの平均年収 ANAの平均年収は、2022年度の有価証券報告書によると691万円です。

日本の平均年収458万円と比較すると高額ですが、航空業界の平均年収700~800万円と比較すると決して高すぎるわけではありません。

ただ、年功序列の社風が根強く、定期的に昇給する人が多いようです。安定的に働きたいという人には、魅力的な企業ともいえます。 691万円は全ての社員の平均年収です。

職種により平均年収が大きく異なり、総合職であるグローバルスタッフ職パイロットなどの場合、年収1000万円の社員も多い傾向にあります。

年収は職種だけではなく、経営状況により大きく変動しています。年収の実態を詳しく知るために、下記2点について解説します。

平均年収動向:過去5年の推移

ANAの平均年収動向
ANAの平均年収動向:過去5年の推移
年収
2018776万円
2019736万円
2020563万円
2021495万円
2022691万円

出典:ANA-有価証券報告書

過去5年間の平均年収の動きをまとめたのが、上記のグラフと表です。 データからも分かるように、2020年から2021年にかけて大幅に年収がダウンしています。

主にコロナ禍により飛行機の利用が大幅に減少したことが原因です。 そのため、コロナ禍が落ち着きを見せ始めた2022年以降、年収はコロナ禍以前の金額に戻りつつあります。

このことからも分かるように、景気や社会情勢などにより年収が大きな影響を受けるのも特徴です。

ANAの業績と年収の相関

ANAの業績と年収の相関
ANAの業績と年収の相関

上記のグラフから見てもわかるように、ANAの平均年収は、その年の経営状況により変動しています年収変化の主な要因として、下記の2点を挙げることができます。

  • ボーナス
  • 乗務手当

ボーナスは、売上など経営情勢により変動するタイプの報酬です。 ANAの場合、年収におけるボーナスの割合が高いため平均年収が大幅に下がったとみられています。

その一方、コロナ禍によって副業が解禁されるなど働き方にも多様性が認められつつあるようです。 また、客室乗務員は基本給だけではなく、飛行機に乗っている時間に対して乗務手当が支払われます。

コロナ禍により海外旅行や遠方への移動が規制される中、フライトの本数が減り乗務手当が減ってしまった点も年収の減少につながっています。

平均年収売上
2018776万円2兆583億円
2019736万円1兆9742億円
2020563万円7286億円
2021495万円1兆203億円
2022691万円1兆7074億円

引用:ANA有価証券報告書

ANAの将来性・今後の業績予測

ANAの将来性 ANAの将来性は非常に明るいといえるでしょう。 コロナ禍により大幅に業績を落としたANA。

赤字だった時期もありますが、2022年4~6月期の決算では3年ぶりの黒字に転じています。今後、国内線だけではなく国際線の旅客数も回復しているため、業績は右肩上がりになっていくでしょう。

これまでにもANAは業績を回復してきた実績があります。たとえば、1985年の日航機墜落事故、2001年の9.11同時多発テロ、2002年のSARS、2008年のリーマンショックなど。その度に業績が落ち込みましたが、打開策を打ち出し成長しています。

航空業界にはコロナ禍だけではなく、「航空燃料」も注視されている課題の一つです。

しかし、2022年にANAは2050年度にはカーボンニュートラルを実現することを目標に掲げ、低炭素化する戦略を発表しています。ANAだけではなく幅広い業界と共に取り組むなど、環境面でも将来性が期待できる企業です。

ANAの職種別平均年収

ANAの職種別平均年収

職種平均年収
企画・事務・管理系 (経営企画、広報、人事、事務 他)673万円(平均年齢37.3歳)
販売・サービス系 (ファッション、フード、小売 他)421万円(平均年齢30.0歳)
専門サービス系 (医療、福祉、教育、ブライダル 他)435万円(平均年齢31.5歳)
電気・電子・機械系エンジニア (電子・回路・機械設計 他)537万円(平均年齢33.0歳)
運輸・物流・設備系 (ドライバー、警備、清掃 他)513万円(平均年齢33.1歳)
その他 (公務員、団体職員 他)383万円(平均年齢30.9歳)

引用:ライトハウス:全日本空輸株式会社(ANA)の口コミ一覧

ANAには非常に多くの職種が存在するため、職種別の平均年収をチェックすることも非常に重要です。

ライトハウスに投稿された回答によると、上記5種が存在し平均年収の幅は383万円から673万円となっています。 職種別にみると、パイロットや客室乗務員(CA)などの専門職には搭乗手当や資格手当などの手当てが基本給にプラスして支払われることが多くなります。

そのため、総合職にあたるグローバルスタッフ職や一般職よりも高額になるようです。 また、空港内で勤務するグランドスタッフの場合、各空港ごとでの採用や正社員ではなく契約社員としての採用が多いのも特徴になります。

客室乗務員と比べ搭乗手当などが付かないことから年収が低くなってしまう傾向にあります。

ANAの年代別平均年収

ANAの年代別平均年収

年齢平均年収
25~29歳380万円
30~34歳506万円
35~39歳530万円
40~44歳688万円
45~49歳731万円

引用:ライトハウス:全日本空輸株式会社(ANA)の口コミ一覧

ANAは、日本の大企業ならではの年功序列の傾向が強い企業です。

近年、能力給に振る制度変更も検討されたようですが、実現しなかったのだとか。そのため、管理職などの試験を受け昇進しない限り、同世代の社員と横並びの年収となっています。

40代からは課長や部長などの管理職への昇級試験があり、役職へつくと年収も1000万円台になることが多いようです。 ライトハウスの口コミによると、コロナ禍前は事務職マネージャー1000万円、課長1200万円、部長1400万円というケースが一般的でした。

ANAで働くことで1000万円以上の収入を目指すことは可能ですが、昇進などが必要とされています。

ANAの新卒の初任給・年収

ANAの新卒の初任給・年収 コロナ禍により新卒採用を中断されていましたが、2023年度から再び新卒採用が再開されています。業種により異なり、ここでは代表的な下記3種の初任給と年収を紹介します。

グローバルスタッフ職は、大卒の場合、初任給は約23万円※1で、ボーナスが4ヶ月分支払われた場合、年収は368万円。 客室乗務員は、大卒の場合、初任給は約19万円※2で年収は304万円です。

さらに搭乗手当などが支払われるため、304万円よりもアップする可能性が高くなります。 いわゆるパイロットである運航乗務職は、大卒・高専卒業生の場合、初任給は約23万円※3です。年収は368万円となりますが、やはり諸手当がつくため客室乗務員同様、さらに年収は高くなるでしょう。

※1引用:ANA-募集要項(グローバルスタッフ職) ※2引用:ANA-募集要項(客室乗務員) ※3引用:ANA-募集要項(グローバルスタッフ職)

ANAの求人情報

ANAの求人情報 ANAでは、新卒採用だけではなく中途採用なども積極的に実施しています。ここでは、それぞれの採用情報の一例を紹介します。

新卒採用情報

職種サービス
雇用形態長期雇用社員(正社員)
勤務地東京(羽田)
給与院卒:月額197,521円 大卒・高専卒(専攻科):月額194,221円 短大・高専卒(本科):月額186,319円 ※職務調整手当等30,000円含む、別途手当あり
諸手当家族手当、住宅手当、深夜労働手当、土日出勤手当、乗務手当、職務手当など
昇給・賞与昇給:年1回 (4月) 賞与:年2回(夏・冬)2022年度実績
通勤補助費社内規定により支給あり
勤務乗務便に応じたシフト勤務 土・日・祝日勤務あり 早朝・深夜・宿泊を伴う勤務あり
休日・休暇月間10日程度(年間126日)。年次有給休暇、リフレッシュ休暇、懐妊・育児休職など、各種休暇・休職制度あり

引用:ANA-募集要項(客室乗務員)

採用予定人数が430名と、ANAの中でも採用数の多い客室乗務員の採用情報をご紹介します。 エントリーするために、エントリーシートの提出だけではなく動画提出などが必要となる点が特徴的です。

福利厚生などが充実しており、女性が働きやすい職場づくりが行われていることが採用情報からも分かります。

中途採用情報

職種サービス
雇用形態長期雇用社員(正社員)
勤務地東京(羽田)
給与院卒:月額197,521円 大卒・高専卒(専攻科):月額194,221円 短大・高専卒(本科):月額186,319円 ※職務調整手当等30,000円含む、別途手当あり
諸手当家族手当、住宅手当、深夜労働手当、土日出勤手当、乗務手当、職務手当など
昇給・賞与昇給:年1回 (4月) 賞与:年2回(夏・冬)2022年度実績
通勤補助費社内規定により支給あり
勤務乗務便に応じたシフト勤務 土・日・祝日勤務あり 早朝・深夜・宿泊を伴う勤務あり
休日・休暇月間10日程度(年間126日)。年次有給休暇、リフレッシュ休暇、懐妊・育児休職など、各種休暇・休職制度あり

引用:ANA-募集要項(客室乗務員)

ANAでは、中途採用としてキャリア採用が実施されています。

例として、2023年7月に募集された客室乗務員のキャリア採用の採用情報を紹介します。 客室乗務員の新卒採用と比べると採用人数は150名と少なくなりますが、社会人としての就労経験などは必要とされていません。

そのため、給与、手当についても新卒採用と大きな差がないのが特徴です。

ANAの会社概要

ANAの会社概要

会社名全日本空輸株式会社
代表者代表取締役社長 井上 慎一
設立2012年(平成24年)4月2日
本社所在地東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター
資本金250億円
従業員数12,803名(2023年3月31日現在)
主な事業内容
  • 定期航空運送事業
  • 不定期航空運送事業
  • 航空機使用事業
  • その他附帯事業
平均年齢45.5歳
平均勤続年齢3.50年

※最終更新日:2023年9月25日

ANA(全日本空輸株式会社)は、ANAホールディングス株式会社の完全子会社です。 1952年にヘリコプターによる宣伝事業を行っていたのが始まりになります。

当初は国内線が中心でしたが、1990年代から国際線もカバーするようになり、現在では世界的な航空会社として知られるようになりました。

2001年にはアメリカ同時多発テロの影響で、業績が低迷し経営再建を図ったこともあります。ですが、2022年には国内線、国際線ともに旅客数第1位になっています。

ANAの同業界競合他社との年収比較

ANAの同業界競合他社の年収比較

会社名平均年収2022年度売上高
ANA※1691万円1兆7074億円
JAL※2847万円6827億円
スカイマーク※3531万円846億円
スターフライヤー※4500万円211億円

※1出典:ANA-有価証券報告書 ※2出典:JAL-有価証券報告書 ※3出典:スカイマーク-有価証券報告書 ※4出典:スターフライヤー-有価証券報告書

航空業界における競合他社として、今回はJALスカイマークスターフライヤーの4社を比較しています。

4社の中では、ANAの平均年収は2位という結果になりました。 平均年収は経営状況に影響すると前述しましたが、2022年度の売上高はJALは6827億円とANAよりも低いとされています。

しかし、JALの平均年収は847万円であるため、ANAの平均年収の低さに注目が集まってしまうかもしれません。

一方、スカイマークやスターフライヤーの平均年収と比較すると150~200万円以上も多いことがわかります。 ただ、有価証券報告書のデータになるため、比較した平均年収は社員全体のものです。そのため、職種によっては、さらに平均年収の差が大きくなる可能性もありえます。

ANAの給与・評価制度

ANAの給与・評価制度 ANAは日本の大企業によくある年功序列の社風が強いものの、近年は実力主義な社風に代わりつつあるといわれています。そんなANAでは、勤続年数だけではなく下記の2点でも給与の評価が実施されているようです。

  • 面談
  • 資格取得

面談は1年に数回、実施され、目標設定とその達成状況について振り返りを行っています。

定期的な面談が実施され、自分に対する評価を確認できるという点を魅力的と感じる社員も多いようです。 また、ANAには社内資格が存在します。訓練や研修を受け、資格を取得することで、基本給をアップさせることも可能です。

ただ、訓練スケジュールがハードと感じる社員もおり、努力が求められるシステムでもあります。

ANAの残業時間と残業手当

ANAの残業時間と残業手当 ANAでは1日8時間、1週間で40時間を勤務時間としています。

客室乗務員など部署によってはシフト制が導入され、夜勤がある部署もあります。ですが、休日出勤はほぼなく、基本的には残業は発生しないようです。 飛行機の遅延などにより、やむを得ず残業が生じることもありますが、コンプライアンスが厳しいため勤務時間を超えた場合は残業代がしっかり支払われます。

平均的な残業時間は、ライトハウスによると20時間※1と回答されています。一般的な企業の平均的な残業時間は22.2時間※2です。

そのため、ANAの残業時間は平均的な残業時間かもしれません。 ただ、残業時間は部署や職種によっての偏りがあるらしく、平均残業時間よりも増える可能性もあります。

※1出典:ライトハウス:全日本空輸株式会社(ANA)の口コミ一覧 ※2出典:doda:平均残業時間ランキング【最新版】

ANAのボーナス・賞与

ANAのボーナス・賞与 ANAのボーナスは、売り上げなど業績により大きく変化します。

たとえば、コロナ禍の影響により就航本数などが激減し、賞与支給凍結などを実施。3年の間、冬のボーナスが支払われないこともあったようです。

その一方で、コロナ禍前となる2019年度は、夏冬のボーナスで月給4~5か月分が支払われていました。2022年度は3か月分だったこともあり、徐々にコロナ禍前の水準に戻りつつあります。

また、業績がよい時期には、夏のボーナスや冬のボーナスにプラスして、さらに1回ボーナスが支払われることもあったようです。 業績によりボーナスの額は大きく変動するため、転職を検討されている方は、ぜひ経営状況などもチェックしてみてください。

出典:読売新聞オンライン:全日空、3年ぶり冬ボーナス支給へ

ANAの福利厚生について

ANAの福利厚生について 大手航空会社ということもあり、ANAの福利厚生は充実している点が魅力です大きく分けて、下記3種類があります。

  • 社内制度
  • 休暇に関する制度
  • 育児に関する制度

社内制度は、特別価格でANAに登場できる優待搭乗制度や提携しているカフェテリアやホテルなどで使えるポイントなどが付与される制度があります。

休暇に関する制度は、有給、季節休暇などが充実しています。有給はオンラインで申請できるため、他のスタッフに気兼ねすることなく取得できる点が魅力のようです。

育児に関する制度が整っているため、女性が働きやすい職場でもあります。産休、育休だけではなく、妊娠中の通院も休暇が取得することが可能です。時短勤務、短日数勤務制度などもあり、主産後、復職しやすいシステムも整っています。

出典:ANA-福利厚生について

ANAの年収と働きがいに対する評判・口コミ

ANAの年収と働きがいに対する評判・口コミANAの年収と働きがいに対する評判や口コミをまとめました。よい評判・口コミと悪い評判・口コミをそれぞれまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

評判・口コミ
女性・新卒入社 技術職 飛行機を通して、人々を国を越えて繋ぐこと、また旅する楽しみを多くの人に味わってもらいたい、という願いが今の仕事へのモチベーションとなっています。 また、空を飛びたい、という幼い頃からの夢が大元にあることが、長く続けられている理由です。

引用:ライトハウス:全日本空輸株式会社(ANA)の口コミ一覧

評判・口コミ
男性・新卒入社 総合職 賞与は年度ごとの業績によって大きく異なる。 業績が良い時には非常にありがたい額のボーナスをいただけるし、コロナになって、0が続いた時もある。手当は独身時は寮も安く住め、他企業に比べると素晴らしく生活しやすい環境であると思う。

引用:ライトハウス:全日本空輸株式会社(ANA)の口コミ一覧

評判・口コミ
女性・新卒入社 客室乗務員 福利厚生はとても整っているように思う。 最も魅力的かつ嬉しかった福利厚生は、航空機が格安で利用できたことだ。空席があれば国内線はほぼ無料で、就航している所であればどこでもいける。また、実家が地方でも帰省時利用できたためよかった。 予約はできないため、繁忙期、年末年始等は利用が難しかった。また、国際線もビジネスクラスまでお手頃に利用できた。

引用:ライトハウス:全日本空輸株式会社(ANA)の口コミ一覧

航空業ということもあり、働きがいを感じる社員が多い印象です。また、多岐にわたり福利厚生が充実しているため、メリットと感じている人が多いようです。

ANAの年収と働きがいに対する悪い評判・口コミ

評判・口コミ
女性・中途入社 客室乗務員 年度2回の評価を基に面談が行われ、スキルに見合った昇格ができる環境です。ただし、早期に育成するプランであり、自分のペースで緩やかにすることは難しいです。向上心のある方に向いている職場です。

引用:ライトハウス:全日本空輸株式会社(ANA)の口コミ一覧

評判・口コミ
女性・中途入社 客室乗務員 女性の職場であるが故に、働きやすくなる制度は充実している。例えば、勤務日数を制限する勤務形態や、産休、育休も取りづらさを感じる事はない。 しかし、職務内容的に宿泊を伴う勤務や夜間、早朝の勤務は避ける事ができないため、家族の協力がないと続けていくことは困難である。

引用:ライトハウス:全日本空輸株式会社(ANA)の口コミ一覧

教育制度が充実していますが、その一方で期間やペースなどに不満を感じる人も少なくないようです。 また、女性が働きやすいサポート体制は整っていますが、部署によっては負担が生じてしまうようです。航空業界という業種の性質上、一定の負担は仕方ないかもしれません。

ANAへの転職におすすめ転職エージェント

ANAへの転職におすすめ転職エージェント ANAは日本を代表する航空会社であり、福利厚生が充実していることから非常に人気を集めます。そのため、転職する際には転職エージェントの利用がおすすめです。ここでは、特におすすめの転職エージェント3社を紹介します。

    航空業界への転職実績もあるエージェントであるため、ぜひチェックしてみてください。

    リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクト

    引用:リクルートダイレクトスカウト

    ハイクラス転職を得意とするリクルートダイレクトスカウトの特徴として、下記3点が挙げられます。

        • ハイクラス向け転職エージェント
        • ヘッドハンターを選べる
        • 企業からの返信率が高い

      リクルートダイレクトスカウトは、ヘッドハンターが転職活動をサポートしてくれます。ヘッドハンターの経験年数、得意ジャンルなどで検索し、指名することが可能です。そのため、航空業界の転職を得意としたヘッドハンターを指名することもできるかもしれません。

      リクルートダイレクトスカウトの基本情報
      運営会社株式会社リクルート
      公開求人数274,690件(2024年5月7日現在)
      非公開求人数約30万件以上
      主な求人職種全職種
      対応地域全国
      料金無料
      公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/

      リクルートダイレクトスカウトの 公式サイトで無料登録

      doda

      doda引用:doda

      テレビCMでもおなじみとなっているdoda。非常に多くの転職者が利用する転職エージェントでもあります。特におすすめポイントは下記3点です。

      • 転職者満足度ナンバー1
      • イベントが充実
      • 診断が充実

      転職する際に、本当に自分に合った仕事なのか迷われる方も多いのではないでしょうか。dodaでは、転職タイプ診断や仕事力診断など様々な診断を無料で利用することができます。自分のタイプを知ることで、面接の際の自己アピールなどに活かすことも可能です。無料で登録できますので、非常におすすめです。

      dodaの基本情報
      運営会社株式会社パーソナルキャリア
      公開求人数245,280件(2024年5月7日現在)
      非公開求人数約3万件以上
      主な求人職種全職種
      対応地域全国
      料金無料
      公式サイトhttps://doda.jp/

      dodaの 公式サイトで無料登録

      マイナビエージェント

      マイナビエージェント【公式】

      引用:マイナビエージェント

      書類添削や面接対策だけではなく、内定後のフォローまでトータルサポートしてくれることから、マイナビエージェントは人気を集めています。主な特徴として、以下3点が挙げられます。

      • 転職回数・年代別サポート
      • 業界に精通したアドバイザー
      • 企業担当アドバイザーのバックアップ

      転職をメインでサポートしてくれるキャリアアドバイザーだけではなく、企業の人事担当者とやり取りするアドバイザーからのバックアップが受けられる点も魅力です。求人情報には掲載されていない情報などを聞くことができるため、一歩踏み込んだアドバイスなどを受けることもできます。

      マイナビエージェントの基本情報
      運営会社株式会社マイナビ
      公開求人数58,279件(2024年5月7日現在)
      非公開求人数約1.8万件
      主な求人職種全職種
      対応地域全国
      料金無料
      公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

      マイナビエージェントの 公式サイトで無料登録

      ※マイナビのプロモーションを含みます。

      ANAの年収に関するQ&A

      ANAの年収に関するQ&A ANAの年収は、詳しい情報などが公開されていないことから、様々な疑問を持たれる方も少なくないはずです。ここでは、ANAの年収に関するよくある質問とその回答をまとめました。ぜひ、チェックしてみてください。

      ANAの年収は低いですか?

      基本給は決して高くありませんが、搭乗手当やボーナスが支払われることで他の航空会社と比較しても低すぎない年収といえるでしょう。 ただ、搭乗手当やボーナスは売上に影響されるため、コロナ禍のようなパンデミックが起こった場合、年収が下がる可能性もあります。

      JALの年収はどれぐらいですか?

      ANAと並び国内の代表的な航空会社のJAL(日本航空)。2022年度のJALの有価証券報告書によると平均年収は847万円とANAよりも高くなっています。 ただ、ANAと比較すると優待搭乗制度などがないなど福利厚生が充実していません。そのため、ANAの方が満足度が高いと感じている社員が多いようです。

      ANAの総合職を辞めたい人はいますか?

      大企業で労働環境も整っていることから、いわゆるホワイト企業といわれるANA。ただ、客室乗務員などとは異なり総合職の場合、専門性などは身につかないというデメリットもあります。そのため、常に新しいことにチャレンジし続けたいという人には向いていない職業かもしれません。 また、総合職の場合、年収は1500万円前後が頭打ちとされています。それ以上の金額を稼ぎたいという人は、退職という選択をするようです。

      ANAの年収まとめ

      まとめこの記事では、ANAの平均年収やボーナス、世代ごとの年収などについて詳しく解説しました。

      ANAの年収は、ボーナスの割合が高いことから、売上などに大きく影響される傾向にあります。特に2021年度は、コロナ禍の影響により大幅に年収がダウンしました。

      ただ、他の航空会社と比較しても決して低すぎる年収ではありません。 安定性も含めて、非常に注目度の高いANA。

      航空業界の中でも人気の企業であるため、転職を検討されている方は、航空業界の転職に強い転職エージェントを活用するのがおすすめです。

      この記事では、ANAの転職におすすめの転職エージェントも紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。